大輔

全て 名詞
4,367 の用例 (0.02 秒)
  • だがそれは、大輔の考えが正しいことを証明してくれるものでもあった。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • そうして大輔兄さんは二人目、三人目と次々と死体の状況を話し始めた。 奈須きのこ『空の境界 (上)』より引用
  • その間の大輔の思考が手に取るようにわかって、竜憲は苦笑を浮かべた。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 唯一の救いといえば、向こうも大輔には興味を示さないという点だった。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 突然、ここが室内だと気づいた大輔は、コートのボタンに手を伸ばした。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 何を聞いても答えはないと判断すると、大輔は勝手に状況の説明を始めた。 新田一実『魔鏡の姫神 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔だいすけは自分で運転するのは嫌いだが、車に乗ることは好きだったのだ。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔はひどく感心したように聞いていたが、どこまでわかっていたのだろう。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 自分が口にしないこと以上に、大輔にもしやべらぬ秘密があるに違いないのだ。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 戦士の力に逆らって行動を起こすには、大輔の力はあまりにも弱かった。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 鬼の前に立ちはだかるように立った大輔は、危ういところで剣を止めた。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 言われてみれば、あれも大輔の言う妙な予感のうちなのかもしれない。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 化け物に脚をつかまれた男までが、それを無視して、大輔を見つめている。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • まゆを引き上げた修一は、大輔の言葉を全面的には信用していないようだ。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • だが、それ以前に、なぜ大輔がこんなことを言い出したのかわからない。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • これだけで、何かがわかるはずもないのに、大輔はいったん言葉を切った。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔にたたき起こされる直前に聞こえた声が、それを教えてくれたのだ。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • まゆを寄せた竜憲の気配に気づいたのか、大輔はいぶかしげな顔を振り向けた。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 大輔は車から降りる気になれず、そのままシートに腰を下ろしていた。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 苦笑した大輔は、髪をき上げるとそのまま腰をずらして座卓に着いた。 新田一実『死者の饗宴 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 次へ »