大羅

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 同巻三によると大羅天の玄都にある玉京に住むという。 ...
  • 呉権は従来の中国支配の象徴である大羅に代えて古螺を都としたが、中華的な秩序を完全に否定することはできなかった。 ...
  • いまのおまえに大羅天をくぐれるかどうかは甚だ疑問だが。
  • 呉朝の都である大羅は中国に依存する従来の支配者層が多かったため、故郷の華閭を都に定め、首都の建設と国内の再興を計画した。 ...
  • 高駢は大羅の再建にあたって城壁を強化し、城壁が取り囲む範囲は後代のハノイの中心地域とほぼ一致する。 ...
  • 大網の呼称は摂津国住吉郡大羅郷の地名に因むと推定される。 ...
  • 曲氏一族は大羅を本拠として節度使を名乗り、行政区画と租税制度を整備し、戸籍を作成して交州を統治した。 ...
  • 平安時代中期の『和名抄』に見える地名のうちでは、当地は住吉郡大羅郷に比定される。 ...
  • だが、曲承美の部将の楊廷芸が拠る愛州には南漢の支配は及ばず、931年に楊廷芸は南漢の占領下に置かれていた大羅を奪取した。 ...
  • 位置については、『和名類聚抄』によると、摂津国住吉郡大羅郷、河内国丹比郡依網郷・三宅郷の地域であろうと推定され、現在の大阪府住吉区我孫子町・庭井町から大和川の対岸、松原市天善町・三宅にあたる一帯を指す広大なものだったと思われる。 ...
  • 種民天の四ツの上が三境と云つて、太上老君天師太清境、九仙上清境、九眞玉清境、いづれも善美の世界であり、又其上の最上世界が即ち大羅天で、其中に過去元始天尊、見在太上玉皇天尊、未來金闕玉晨天尊が居たまふのである。 ...
  • 前世は天帝側近の大羅仙であった。 ...
  • 表記は定まったものがなく、「大羅法師池」、「大座坊主池」、「だいじゃぼっち池」と呼ばれたが現在は「大座法師池」に落ち着いている。 ...
  • thumb|240px|right| 出自とする依羅氏は、摂津国住吉郡大羅郷・河内国丹比郡依羅郷付近を本拠とした古代氏族である。 ...
  • 例=摂津国住吉郡大羅、肥後国葦北郡久太良木、河内国讃良、摂津国西成郡安良、上野国甘楽郡、加牟良等何れも帰化人の住居の地名である。 ...