大笑いをする

27 の用例 (0.00 秒)
  • おそらく日に何十回も同じ冗談を言っているのだろうが、おじさんはひとりで大笑いをしている。 若竹七海『悪いうさぎ』より引用
  • 昨夜一緒にんだ部下達が、きっと大笑いをしてくれるだろう。 半村良『となりの宇宙人』より引用
  • 見ればそれは女の下ばきで、よごれものがついたままだったので、客たちは大笑いをした。 駒田信二『中国怪奇物語〈幽霊編〉』より引用
  • ついに人間の子どもの泣きまねをしたときには、みんながどっと大笑いをしました。 坪田譲治『日本むかしばなし集 1』より引用
  • 私は大笑いをしたけれども、ほんとうだろうか、とも思った。 駒田信二『一条さゆりの性』より引用
  • 若秩父が出ていってから私たちはまた大笑いをした。 群ようこ『撫で肩ときどき怒り肩』より引用
  • するとその男は大笑いをしはじめて、兄に答えました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 02』より引用
  • そこで二人は久しぶりに大笑いをして、大麦問題に無事決着をつけたのだった。 森瑤子『望郷』より引用
  • と、弁解したので、パットと私は思わず顔を見合わせて大笑いをした。 藤原正彦『若き数学者のアメリカ』より引用
  • 宏子は、この言葉で、殆どその日になってはじめて大笑いをした。 宮本百合子『雑沓』より引用
  • 書いて字をみたら大笑いをしてしまった。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 何だ甲武信じゃないかと大笑いをしたものの、あの時は秋の末で今は夏の盛りである。 木暮理太郎『奥秩父の山旅日記』より引用
  • 同時に当時の社会のいわゆる下層者には、支配階級に対して皮肉な大笑いをしている感情もあったという事実を示している。 宮本百合子『私たちの建設』より引用
  • うさぎくんが男の子にしては高い声で大笑いをした。 近藤史恵『凍える島』より引用
  • その秘密を知ったとき、思わず大笑いをしてしまった。 鷹見一幸『アウトニア王国奮戦記 第01巻 でたまか 問答無用篇』より引用
  • 聞いていた人たちはみな大笑いをした。 駒田信二『中国笑話集』より引用
  • 十分間ばかり話しているうちに、お互いの年を聞き合って大笑いをする位に親しくなった。 夢野久作『怪青年モセイ』より引用
  • 役人達は大笑いをして我らに握手を求め、何も調べずにすべてOKになったのである。 矢口純『酒を愛する男の酒』より引用
  • パパの友達たちは、曲が曲だけに、小さい子が、これを歌うので大笑いをした。 黒柳徹子『トットチャンネル』より引用
  • ジョン・カーターとラス・サヴァスにこの一件を聞かせると、彼らは大笑いをした。 バローズ『火星シリーズ09 火星の合成人間』より引用