大笑いする

180 の用例 (0.00 秒)
  • あたしたちが優れた作家たちの滑稽なお芝居を見て大笑いするのと同じようにさ。 アレティーノ/結城豊太訳『ラジオナメンティ』より引用
  • 魅音は、それが出来るのが部長の所以だとでも言わんばかりに大笑いした。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 02 綿流し編Tips&お疲れ様会』より引用
  • 前にそう言ったとき、羽鳥は大笑いしたけれど、でもあれは本当なんだよ。 野村美月『文学少女シリーズ05 “文学少女”と慟哭の巡礼者』より引用
  • ぼくはまったく気がつかなかったのだが、うしろの方で女房と娘が大笑いしていた。 良知力『向う岸からの世界史 ―一つのの四八年革命史論』より引用
  • と大笑いしたあとで編集長は眼尻めじりをおさえながらそう言っていた。 青島幸男『極楽トンボ』より引用
  • まるで「メイ」みたいに言うもんだから、俺はまた大笑いしてしまった。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常④』より引用
  • 本編中ではさくまが大笑いしながら走ったため、大写しにならなかった。
  • 北斎屋の看板に大笑いした後、鳥呼はまっすぐにわたしを見て言った。 近藤史恵『凍える島』より引用
  • それでも、友香は携帯の送信ボタンに指を掛けたまま、大笑いしている。 秋元康『着信アリFinal』より引用
  • 「私はこれでなかなか宮本家の家風には合ったお嫁ね」と大笑いしたり。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 大笑いし、大声で話す、そんな食事を良しとするようにもなっていた。 森博嗣『少し変わった子あります』より引用
  • みんな大笑いしたが、ファムはむっとしたように鼻を鳴らしただけだった。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • それに気づいたときには、私はひとりで涙を流して大笑いした。 太宰治『一日の労苦』より引用
  • その事情を知る人間たちは、大笑いする彼の様子に失笑したという。
  • 私は人みしりするたちだが、その時はいっしょになって大笑いした。 星新一『きまぐれ博物誌』より引用
  • ある時に平原君の妾が食客の一人が跛行を引いていたのを大笑いした。
  • さくを越えて芝生しばふに入るのって、もう誰も気にしてないって大笑いしたっけ。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 0(短編)』より引用
  • 女子学生が数人、悲鳴をあげたが、他のみんなは大笑いしていた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05b ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(下)』より引用
  • 水前寺のあまりにも怪しい格好を指差して大笑いしている男子生徒たちがいた。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その3』より引用
  • それからしばらく姉は妻と昨日までの旅のエピソードを一つ一つ振り返っては大笑いしつづけた。 長嶋有『タンノイのエジンバラ』より引用
  • 次へ »

大笑いする の使われ方