大笑いすること

8 の用例 (0.00 秒)
  • おそらく十年経ったら、今日を振り返り、みなで大笑いすることだろう。 奥田英朗『空中ブランコ』より引用
  • そうしたら、また一緒に風呂へはいって、一緒に大笑いすることもできるのだ。 赤川次郎『孤独な週末』より引用
  • それから男の仲間と、大声で叫んだり、冗談に身を揺すって大笑いすることもできるのだ。 ウルフ/大澤実訳『ダロウェイ夫人』より引用
  • 時々彼女は、何か気に食わないことがあったりすると、それを表情に出さない代わりに、わざと大笑いすることがあるのだ。 吾妻博勝『新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街』より引用
  • いずれパウエルに追いついたら、この気苦労を大笑いすることになるのだろう。 バローズ『火星シリーズ01 火星のプリンセス』より引用
  • でないと、セオトーモンはかれらを見殺しにし、かれらが溺れるのを見て大笑いすることだろう。 P・J・ファーマー『異世界の門』より引用
  • まったく頭髪かみのけを長くのばしたアカイア勢は、からからと大笑いすることだろう、おまえが立派な様子をしているもので、ひとかどの勇しい大将だろうと思っていたのに、実際はいっこうに胆力も武男も備えていないのを知って。 ホメロス/呉茂一訳『イリアス(上)』より引用
  • 孫にあたる工藤あや子は、自著『むかしばなし』のなかで「心の力つよくかんしゃく持ち」で大笑いすることやおもしろげな浮ついたことなどの大嫌いな、「気のつまるばば様」であったと記している。