大笑いする

180 の用例 (0.00 秒)
  • 大いに笑う彼の顔を見て、一緒に大笑いしずにいることは困難であろう。 宮本百合子『熱き茶色』より引用
  • あなたも一緒に大笑いしているのを見て、わたしはなぜか安堵あんどしました。 小林泰三『玩具修理者』より引用
  • でも彼女は大笑いして、忘れているのはわたしの方だと言い張るんです。 柴田よしき『好きよ』より引用
  • ハリーとロンが先生のそばに行くと、後ろから大笑いする声が聞こえた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05a ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上)』より引用
  • あり得そうもない状況を思い浮かべて大笑いした子供時代の頭の柔軟さ。 小池真理子『墓地を見おろす家』より引用
  • しもをつけ、共に大笑いするといった風な仲にすぎないのであった。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • なにが楽しいのか、げははははと大笑いしながら女々さんが帰ってくる。 入間人間『電波女と青春男 第08巻』より引用
  • 英語の家庭教師を務めたによると、誰もが彼女の演技に大笑いしたという。
  • 私はあまりのことに受話器を持ったままギャハハハと大笑いしてしまった。 群ようこ『別人「群ようこ」のできるまで』より引用
  • きっとマリナがそばにいたなら、父のこの姿を見て大笑いしたに違いない。 三浦真奈美『風のケアル 第4巻 朝遠き闇』より引用
  • 表情を消しているとはいえ、内心では大笑いしているに決まっていた。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • これを聞いた藩主は大笑いし、彼らが宣教師などではないことを確認した。
  • どたーんとひっくり返った雀を見て、伊吹いぶきがまたはらかかえて大笑いした。 香月日輪『大江戸妖怪かわら版④ 天空の竜宮城』より引用
  • 彼も大笑いしてその場は終わり、私はその日の夕食の場に送ってもらい別れた。 田丸公美子『シモネッタのデカメロン イタリア的恋愛のススメ』より引用
  • おそらく十年経ったら、今日を振り返り、みなで大笑いすることだろう。 奥田英朗『空中ブランコ』より引用
  • 続いてどこか居心地いごこち悪そうに下を向いているごきょうやを見つめて大笑いする。 有沢まみず『いぬかみっ!11』より引用
  • 朝飯の時、お庄が洲崎へ迎えに行った話が初めて出て、みんなは大笑いした。 徳田秋声『足迹』より引用
  • だれでも大笑いするが、さて自分のこととなるとことがちがってくる。 星新一『きまぐれ星のメモ』より引用
  • そのレコードを大笑いしながら聞いていると、妻に呆れられたという。
  • さらにその雪が覗き込んだ李逵の鼻息で溶けてしまい一同、大笑いした。
  • 次へ »

大笑いする の使われ方