大笑いしている

68 の用例 (0.00 秒)
  • 青空の下、ほおをくっつけて大笑いしている、高校生のころ二人ふたりがそこにいる。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 03巻 仮面舞踏会』より引用
  • 初枝の口ぶりを敏朗が真似て、また大笑いしていたのだという。 工藤美代子『工藤写真館の昭和』より引用
  • 草加は呆気あっけに取られていたが、次の瞬間には大笑いしていた。 片山憲太郎『電波的な彼女02』より引用
  • そこで幾人かの友人はそれをそばで見ていて、わたしが感動を覚える相手がどういう女性であるかを知っているものですから大笑いしていました。 デュマ・フィス/石川登志夫訳『椿姫』より引用
  • それは何者かの手に握られ、その人間は大笑いしていたのだ。 カー/仁賀克雄訳『死が二人をわかつまで』より引用
  • ローリーはある教授の逸話について話していて、まわりにいた連中が大笑いしていました。 パトリシア・コーンウェル『検屍官』より引用
  • 大妖狐だいようこの方はそれを空から見て無責任に大笑いしていた。 有沢まみず『いぬかみっ!10』より引用
  • ティーカップでは笙子ちゃんや令さまと大笑いしていたから、身体からだの調子が悪いわけではないようなのだが。 今野緒雪『マリア様がみてる 30 キラキラまわる』より引用
  • 息子よお前もか、とあの世で親父が大笑いしているに違いない。 秋山駿『人生の検証』より引用
  • 自身をネタにされているにもかかわらず田淵自身この漫画の大ファンで、いつも読んでは大笑いしていたという。
  • 登場人物が笑うのと同時に「ハハハハハハハ」などと大笑いしているのがほとんど。
  • 天井を通して、今度は上の部屋から、フレッドとジョージが大笑いしているのが聞こえてきた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05a ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上)』より引用
  • そして虹ヶ浜のとききれいな方がいて、背中のあいた海水着着ていてうしろにまわっては見たと大笑いしていたわ。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 必死になってバンを動かそうとするヨシアキの姿を見て、監督は大笑いしていた。 牧野修『ファントム・ケーブル』より引用
  • 男三人が大笑いしている所へ、お吉が先触れをした。 平岩弓枝『御宿かわせみ 27 横浜慕情』より引用
  • くだんの森にかるころにはロレンスの肩に手を置くだけで、積荷つみにの上に立って風を目一杯めいっぱい体に受けて大笑いしていた。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅢ Side ColorsⅢ』より引用
  • そして、その帽子を前にして酋長が坐ったまま、両手で腹をかかえて大笑いしているではないか。 トルストイ/北垣信行訳『トルストイ民話集2「人間にはたくさんの土地が必要か」』より引用
  • 棚尾が腹を抱えて大笑いしている。 平安寿子『くうねるところすむところ』より引用
  • 地面とシガーにはさまれた俺を見て、画家と詩人と秋音ちゃんが指をさして大笑いしている。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常①』より引用
  • ヴィノは大笑いしていたが、ロレンスは真顔になって付け加えておく。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅡ』より引用
  • 次へ »