大笑いしている

68 の用例 (0.00 秒)
  • あなたも一緒に大笑いしているのを見て、わたしはなぜか安堵あんどしました。 小林泰三『玩具修理者』より引用
  • 表情を消しているとはいえ、内心では大笑いしているに決まっていた。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • ぼくはまったく気がつかなかったのだが、うしろの方で女房と娘が大笑いしていた。 良知力『向う岸からの世界史 ―一つのの四八年革命史論』より引用
  • それでも、友香は携帯の送信ボタンに指を掛けたまま、大笑いしている。 秋元康『着信アリFinal』より引用
  • 女子学生が数人、悲鳴をあげたが、他のみんなは大笑いしていた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05b ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(下)』より引用
  • 水前寺のあまりにも怪しい格好を指差して大笑いしている男子生徒たちがいた。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その3』より引用
  • だが三人が大笑いしているのを見ているうちに、だんだん俺もおかしくなってきた。 日明恩『埋み火』より引用
  • 十五分もすると、心底からおかしそうな声をあげて大笑いしていた。 シムノン/長島良三訳『メグレ氏ニューヨークへ行く』より引用
  • 大笑いしている東吾へ、源三郎が父親の声になっていった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 24 春の高瀬舟』より引用
  • そしてそれを聞いて、同室の患者たちが大笑いしているのである。 赤川次郎『逃げこんだ花嫁』より引用
  • 荷物を自転車に積んで出発した友美は、事の次第しだいを兄から聞きへ大笑いしていた。 岩本隆雄『星虫』より引用
  • 若槻と葛西がいなければ、狂ったように大笑いしていたかもしれない。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • 顎が外れるほど大笑いしている奴もいれば、怒りで火を吹くような目つきの奴もいる。 大塚ひかり『源氏の男はみんなサイテー ―親子小説としての源氏物語』より引用
  • いたずらっぽく受話器を置いてから、父は私達に電話の会話を説明しながら大笑いしていた。 吉川英明『父 吉川英治』より引用
  • きっと、中では、またあの三人が大笑いしていることだろう。 赤川次郎『殺し屋志願』より引用
  • ストラゲンは身体を二つに折って、声を出さずに大笑いしていた。 エディングス『エレニア記5 聖都への旅路』より引用
  • 画面では、お笑い芸人と若い女たちが、口を開けて大笑いしている。 永瀬隼介『デッドウォーター』より引用
  • 底知れぬ老人のユーモアをもって、ひとりで大笑いしていた。 ヘッセ/永野藤夫訳『荒野の狼』より引用
  • これが他人の話だったら、大笑いしているところだわ。 エディングス『ベルガリアード物語5 勝負の終り』より引用
  • 基地がものすごい火柱をあげて燃えだすころにはぼくらはずいぶん離れたところで大笑いしていた。 酒見賢一『聖母の部隊』より引用
  • 次へ »