大笑い

全て 名詞
2,288 の用例 (0.01 秒)
  • そして二人は腰にこぶしをあてて、大笑いをしながら彼の方をながめていた。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 大いに笑う彼の顔を見て、一緒に大笑いしずにいることは困難であろう。 宮本百合子『熱き茶色』より引用
  • いつか四十二歳と答えられて、ショックを受けたが、大笑いもしたのだ。 佐野洋子『神も仏もありませぬ』より引用
  • あなたも一緒に大笑いしているのを見て、わたしはなぜか安堵あんどしました。 小林泰三『玩具修理者』より引用
  • 不吉な気配などといったら、深春あたりには大笑いされてしまうだろう。 篠田真由美『未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • でも彼女は大笑いして、忘れているのはわたしの方だと言い張るんです。 柴田よしき『好きよ』より引用
  • とやられたと言って、あとでその話をして大笑いをしたことがあった。 大杉栄『獄中記』より引用
  • 彼の説を聞いた人々は,はじめびっくりして,それから大笑いを始めた。 片山泰久『素粒子論の世界 物質と空間の窮極に挑む』より引用
  • ハリーとロンが先生のそばに行くと、後ろから大笑いする声が聞こえた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05a ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(上)』より引用
  • あり得そうもない状況を思い浮かべて大笑いした子供時代の頭の柔軟さ。 小池真理子『墓地を見おろす家』より引用
  • 男は言って一人で大笑いをして、対応に困っている主に気がついたらしい。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅢ Side ColorsⅢ』より引用
  • しもをつけ、共に大笑いするといった風な仲にすぎないのであった。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • なにが楽しいのか、げははははと大笑いしながら女々さんが帰ってくる。 入間人間『電波女と青春男 第08巻』より引用
  • おれにはちゃんと手があってな、おめえらに大笑いをさせてやるよ。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(六)』より引用
  • 私はあまりのことに受話器を持ったままギャハハハと大笑いしてしまった。 群ようこ『別人「群ようこ」のできるまで』より引用
  • きっとマリナがそばにいたなら、父のこの姿を見て大笑いしたに違いない。 三浦真奈美『風のケアル 第4巻 朝遠き闇』より引用
  • そこにいた者は誰もが彼が何をいいたいのか知っていたので、大笑いになった。 海老沢泰久『F1走る魂』より引用
  • そして大笑いに笑ってから、皆のあとを追って飛ぶように走って行った。 福永武彦『風土』より引用
  • 一行がこの思いもかけない意見に大笑いをしたことは言うまでもない。 ドストエフスキー/北垣信行訳『カラマーゾフの兄弟(1)』より引用
  • 表情を消しているとはいえ、内心では大笑いしているに決まっていた。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • 次へ »