大福田寺

12 の例文 (0.01 秒)
  • ただし、墓地の移転は行われず、大福田寺の墓地は丘陵上に残り、当寺の墓地も現本堂から少し離れた創建時の場所から移転されることなく現在に至る。 ...
  • 当寺が元あった場所は焼けたままで建物も無かったが、ちょうどその時、近隣に在った大福田寺が移転するということになったので、その大福田寺跡に入った。 ...
  • この入れ替わりの理由は不明であるが、一説によれば、大福田寺側に問題があり懲罰的な意味合いで、それまでの条件の良い土地を追われ、元の谷間の窪地に戻されたのではないかとしている。 ...
  • 当寺はそれまで大福田寺が在った、日当たりも眺望も優れたすぐ東側の丘の上に移転し、大福田寺は元々在った場所に戻る形となり、それぞれ現在に至っている。 ...
  • 当初は福田村にあり福田寺と称したが、足利尊氏から「大」の字を賜り、大福田寺と改められたという。 ...
  • 没後、活動拠点とした桑名の大福田寺に葬られた。 ...
  • 正保2年58歳のとき久重はかつて今福で戦った戸村義国 と東方村大福田寺 の住職・兼持法印を通し、当時の戦況に関して文通している。 ...
  • 大福田寺は、三重県桑名市東方にある高野山真言宗の仏教寺院。
  • 四月二日は太夫たちの菩提寺である桑名市大福田寺の『桑名聖火秘火渡り祭り』、十月十三日には桑名江場の神館神社にて山本源太夫組が総舞を奉納している。 ...
  • 三重四国八十八箇所の朱印は、1番札所大福田寺でうける。 ...
  • 三重四国八十八箇所の納経印は、1番札所大福田寺でうける。 ...