大祭

全て 名詞
1,305 の用例 (0.01 秒)
  • 外大祭・語劇祭 同学最大規模の学園祭で、数日間に渡って開催される。
  • 昭和五十二年の大祭で兄は三人衆の一人をつとめることになっていた。 今邑彩『双頭の蛇(「蛇神」シリーズ第3巻)』より引用
  • さらにまた一年が流れ去ってヒジュラ後七百二十九年の大祭にも参加した。 バットゥータ/前嶋信次訳『三大陸周遊記』より引用
  • ある日のこと、たった一日でユダヤ教の三大祭を開催したことがある。
  • ふたりは力を合わせてギリシアのデルポイの大祭の復活を組織化した。
  • このようにして、復活大祭への準備の期間が始まるのが赦罪の主日である。
  • 大國魂神社の例大祭は、関東三大奇祭の一つであるくらやみ祭りである。
  • この祭りの日が国民的大祭として国民皆厳粛な気にみちるのも当然である。 高橋哲哉『靖国問題』より引用
  • 四国三大祭という言葉で呼ばれ始めたのは、昭和の中後期以降である。
  • 以降にいつ夏まつりは堀出神社の例大祭として現在まで伝わっている。
  • この年の大祭にはエジプト王アン・ナースィルも将軍たちとともに参加した。 バットゥータ/前嶋信次訳『三大陸周遊記』より引用
  • 藩政においては検地を行なったり、八戸三社大祭の基礎を作ったりした。
  • 運動競技と手工芸品の展示の両者とも、大祭の重要な部分であった。
  • 福岡五大祭とは福岡県内で行われる特に重要な5つの祭のこと。
  • 七尾市の大地主神社の例大祭として毎年5月3日から5日まで行われる。
  • 毎年7月に正式名が聖武天皇社大祭である松原の石取祭が開催されている。
  • 大祭に参加後、すぐ六人ともカナダの北境を探険するという話でした。 宮沢賢治『ビジテリアン大祭』より引用
  • そう言って、住職は、七年に一度の大祭に行われる神事について説明した。 今邑彩『蛇神』より引用
  • 例大祭の日は、札幌一円の建設業界は一斉に休業する習わしになっている。
  • 恐山はちょうど夏の大祭で、信心深い人たちでにぎわっているよしであった。 三浦哲郎『愁月記』より引用
  • 次へ »