大石

全て 名詞
4,960 の用例 (0.02 秒)
  • 大石は、医療関係者と市民団体によって構成される団体に所属している。 井田真木子『もうひとつの青春 同性愛者たち』より引用
  • 大石たちが慌てた顔をして何人か駆け寄ってきて、私を起こしてくれた。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 05 目明し編』より引用
  • 上野介にはる意味で非のうちようがないからこそ、大石はくるしんだ。 五味康祐『薄桜記』より引用
  • 徳さんの舟は魔の淵のそばで、丈五郎の落とした大石のために顛覆した。 江戸川乱歩『孤島の鬼』より引用
  • 大石もそれがこの場を逃げるための嘘であることはわかっているようだった。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 05 目明し編』より引用
  • わたしたちがあの大石へ向かうことを、アーソナが予想しているとでも? P・J・ファーマー『地球の壁の裏に』より引用
  • 向こうでは、大石が自分の車をバックでこっちに寄せてくるところだった。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 05 目明し編』より引用
  • 大石のめぐらす策略に、慎重の上にも慎重さのあったのはこの為だった。 五味康祐『薄桜記』より引用
  • 大石雑貨店は二階建だが、かなり広い敷地をもち、店舗も立派であった。 松本清張『絢爛たる流離』より引用
  • 失踪直前にやはり、大石に過剰な接触を受けていたことが知られている。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 03 祟殺し編』より引用
  • 大石は収拾のつかない藩論をわざとあいまいに放置していたと思われる。 野口武彦『忠臣蔵 ― 赤穂事件・史実の肉声』より引用
  • 彼の胸には、急に千貫もあろうという大石を載せられたように感じた。 海野十三『火葬国風景』より引用
  • 黄は抱いている男を大石に叩きつけると、男は悲鳴をあげて助けを求めた。 岡本綺堂『中国怪奇小説集』より引用
  • この期間中、そしてその後も、大石の立場は非常に苦しかったのである。 野口武彦『忠臣蔵 ― 赤穂事件・史実の肉声』より引用
  • 大石様はかねてから何名か、ひそかに撫育金ぶいくきんを与えて備えておられた。 池宮彰一郎『最後の忠臣蔵』より引用
  • 赤穂で血盟当初は約三百人が大石のもとで進退を一にすることを誓った。 五味康祐『薄桜記』より引用
  • そう思ってみると、およそ、大石邸内の様子が、と、見当がついてくる。 池波正太郎『わたくしの旅 (池波正太郎未刊行エッセイ集2)』より引用
  • レナの正体を大石おおいしさんに聞くことで、何かわかることがあるかもしれない。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 01 鬼隠し編』より引用
  • その間、大石良雄を演じた俳優について、彼はつぎのごとく語っている。 大宅壮一『炎は流れる1 明治と昭和の谷間』より引用
  • しかしそれも、大石先生にはまだなっとくのいかぬ、赴任ふにん二日めである。 壺井栄『二十四の瞳』より引用
  • 次へ »