大相撲

全て 名詞
1,715 の用例 (0.02 秒)
  • そんなものは一年三六五日における大相撲六場所みたいなものである。 内館牧子『愛してると言わせて』より引用
  • 一部のメンバーは大相撲野球賭博問題の際の特別調査委員会委員でもある。
  • しかしどうして少年時代、あれほどまでに大相撲に夢中になったのだろう。 高田文夫『正しい団塊の世代白書』より引用
  • しかしそれは昨日の大相撲の結果を知りたかったからにほかならなかった。 東野圭吾『秘密』より引用
  • 大相撲では、不祥事で出場停止を受けた主な例として次のものがある。
  • 東西制は、大相撲でかつて採用されていた団体優勝を争う制度である。
  • 初めて彼が英語で話しかけてきたのは大相撲おおずもうの千秋楽の晩であった。 芥川比呂志『決められた以外のせりふ』より引用
  • プロレスにおいても使用され、主に大相撲出身レスラーに使用者がいる。
  • この時期に大相撲を熱心に観戦したことで現在も好角家となっている。
  • こんな狭苦しい境内の小さな神社が、大相撲とどう関係があるのだろう。 もりたなるお『金星 相撲小説集』より引用
  • 型こそ最高といわれる大相撲に背を向けた、反逆と孤独の道を歩いていた。 近藤唯之『勝負師語録』より引用
  • 当時現役だった大相撲力士・高見山の従兄弟ということで話題になった。
  • また大相撲、高校野球、国会中継開催の場合は時間が変更・短縮された。
  • 取組は相撲の試合のことをいい、大相撲では割と言ったほうが通りがいい。
  • 若吉葉 重幸は、大相撲のかつて宮城野部屋に所属していた力士である。
  • 大相撲を含めて考えると日本が強すぎることが問題となった。
  • ・スポーツは主に大相撲場所が行われている期間のみデスクを設けて紹介される。
  • ラジオセンターへ異動するまでは大相撲中継などスポーツ中継を主に担当した。
  • 一発勝負としてはありであるが、大相撲ではこれを繰り返すと批判を受ける。
  • そうした事情があったため、大相撲の対戦方式にはいくつかの変遷があった。
  • 次へ »