大盤振舞い

48 の例文 (0.00 秒)
  • いや、彼女はきっと私の知らない所で大盤振舞いしているに違いない。 ...
  • 座員を何人連れてったとして大盤振舞いをしたってたかが知れてる。 ...
  • そのほかを合して一日に千文もあったら大盤振舞いの旅ができる。 ...
  • 他の乗客たちに大盤振舞おおばんぶるまいをしたという例もあったそうだ。 ...
  • 何だかよくわからないが、周囲の反応はんのうからしてかなりの大盤振舞おおばんぶるまいのようである。 ...
  • 徳川家の二百五十万石を分け与えるつもりなら、かなりの大盤振舞いができるはずである。 ...
  • しかし、それで諸君が今からワインの大盤振舞いにありつけると思ったら、これは見当違いだ。 ...
  • かなりの大盤振舞いだけれど、それだけの価値はあった。 ...
  • こうして社運を賭した大盤振舞いの旅行が終了したのだが、帰国後彼らの会社から発注書が届くことはなかった。 ...
  • 何か大盤振舞いするような気持だった。 ...
  • 仕事着を着て馬をぎょしている男は、うらやましそうに横目で、軒なみの大盤振舞おおばんぶるまいを見てすぎる。 ...
  • 工事は、土俵一俵を運ぶごとに、銭百文と米一升与えるという大盤振舞いで、予想以上に進んでいた。 ...
  • 大勢の弟子への容赦せぬ指導、金に糸目をつけぬ大盤振舞いなどを見ながら、子供心に、と、息をのむ日々を過ごした。 ...
  • 二人はそこで並外れた豪勢な暮しをし、他に類のないような大盤振舞いをし、宴会を催しました。 ...
  • 坂口安吾の文学は、毎月彼と関係のあるジャーナリストを呼んで大盤振舞いをするほど繁昌しています。 ...
  • 妻は、三匹百円のサバをバケツ一杯買い込み、大盤振舞いした。 ...
  • 勘蔵が桜祭と称して近在の芸妓を集めると、武兵衛は紅葉祭というのをやり堅気の衆も加えて大盤振舞いをした。 ...
  • 次へ