大町

全て 名詞
1,490 の用例 (0.02 秒)
  • 大町は近いうちに必ず連絡すると言って、どこへともなく去って行った。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 大町は常に確かなものによりかかっていなくては気の済まない男だった。 赤川次郎『自殺行き往復切符』より引用
  • 島岡の自宅は大町市にあったが、そこも警察の厳しい監視下に置かれた。 森村誠一『棟居刑事 悪の山』より引用
  • ただ心配なことは、大町が引きずっている過去のなにかの暗い影である。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 大町テレビ中継局は、長野県大町市に置かれているテレビ中継局である。
  • 川中島バスが運行していた大町明科線の廃止に伴い設定された系統である。
  • 彼女の祈りが通じたのか、広告が掲載された朝、大町から連絡があった。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 大町は言いながら、二人との間の霧に隔てられた距離を縮めようとした。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • と、訊いたのは、自転車をしながら一緒いっしょに歩いて来た大町純一である。 赤川次郎『こちら、団地探偵局 PART2』より引用
  • 雪の中を十時に出発して、大町の駅についたのは午後の二時だった。 新田次郎『孤高の人』より引用
  • さすがに大町も驚いた表情で、久美子のみじめな様子に改めて目を向けた。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 私たちの代表として、大町米子さんが立候補されることに決定しました。 宮本百合子『婦人の皆さん』より引用
  • だが大町が彼女の前に現われてから、その情熱が微妙に変化していた。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • 発表された通路は名掛丁から大町を経て大橋を通る道と、南町通である。
  • たとえ大町がベテランでも、彼は冬子と松尾の後を追っているのである。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • これに大町の芭蕉の辻において南北の道である奥州街道が交差していた。
  • 大町の中では芭蕉の辻から駅に近い大町五丁目に商店街の中心が移動した。
  • 大町の町人代は一丁目の桜井伊三郎と三・四丁目の佐々木重兵衛である。
  • 長野県道31号長野大町線と併せてオリンピック道路と呼ばれている。
  • 国道406号は、長野県大町市から群馬県高崎市に至る一般国道である。
  • 次へ »

大町 で始まる単語