大田黒

全て 名詞
81 の用例 (0.01 秒)
  • 大田黒は時間をきめてオフィスの一角で組長にあう手筈にしていたのだ。 小林信彦『神野推理氏の華麗な冒険』より引用
  • この前からあんたが大田黒先生に頼み込んでたこと、あれ、OKだって。 吉田修一『最後の息子』より引用
  • 大田黒さんは私の同僚たちの見ている前で始末書を書いた。 井伏鱒二『多甚古村』より引用
  • 大田黒はズボンのベルトにはさんでいた拳銃を出して、脇に置いた。 小林信彦『神野推理氏の華麗な冒険』より引用
  • だが、わたしと大田黒君とは間もなく乾盃の歌をうたつてしまつた。 牧野信一『岬の春霞』より引用
  • 同社は、『音楽と文学』誌のほかに、大田黒の著書・訳著書を多く出版した。
  • 作曲家を紹介した本は量と質でそれまでの書物の群を抜き、発行部数は少ないものの大田黒の名を一躍高からしめた。
  • わたしは、大田黒君の所属艦に宛名を書きながらRにいつた。 牧野信一『岬の春霞』より引用
  • 十月二十四日、大田黒伴雄を中心とした熊本敬神党の神風連じんぷうれんの乱が起きる。 綱淵謙錠『斬(ざん)』より引用
  • 家まで来うと云いますけに、行くと、奥さんが戸をあけて、大田黒さんと奥さんは私を家のなかに入れて戸をしめた上、お前なんかに金が払えるかと云うのです。 井伏鱒二『多甚古村』より引用
  • と上田君がからかふと、大田黒君は、もう卓子に突つ伏して顔もあげなかつた。 牧野信一『岬の春霞』より引用
  • 特に大田黒は長谷川に共鳴し、第一書房に多大な資金援助を行った。
  • そして、ぼくらから離れていった大田黒は、サイレンサーで組長を射殺した。 小林信彦『神野推理氏の華麗な冒険』より引用
  • 再三、運動部総顧問をしている大田黒先生に頼んであった。 吉田修一『最後の息子』より引用
  • いちばん確かなのは、大田黒自身が組長を殺すことだ。 小林信彦『神野推理氏の華麗な冒険』より引用
  • 第五隊は、反対党の大田黒惟信の邸を襲って火を放ったが、惟信は辛うじて脱出した。 南條範夫『山岡鉄舟(三)』より引用
  • 私が身をかわすと、大田黒さんは私に向って飛びかかった。 井伏鱒二『多甚古村』より引用
  • 「音楽と文学社」を名乗り自費出版していた大田黒は、第一書房を資金的にも大いに支援した。
  • いまのところ、大田黒は九十パーセント成功している。 小林信彦『神野推理氏の華麗な冒険』より引用
  • 「そりゃいけんな、じゃあ行ったろう」と運ちゃんの自動車に乗せてもらい大田黒さんの家に駈けつけた。 井伏鱒二『多甚古村』より引用
  • 次へ »