大田駅

29 の用例 (0.00 秒)
  • 京釜高速線からの分岐駅は天安牙山駅、五松駅、大田駅の3案があった。
  • 忠北線・清州駅方面の列車の多くも大田駅を始発駅としている。
  • 本項では、近接する大田広域市都市鉄道公社の大田駅についても記述する。
  • 西大田駅は、大韓民国大田広域市中区にある韓国鉄道公社の駅である。
  • 大田広域市の京釜線大田駅と湖南線西大田駅を結ぶ短絡線である。
  • このため、1944年に梧井駅と西大田駅の間に単線の短絡線・梧井線が建設された。
  • ソウル方面からのKTXは、大田駅の手前にある大田操車場より市内は在来線を走行する。
  • もともとは湖南線の起点は開業以来大田駅であり、大田~西大田間は湖南線の一部であった。
  • このため、待ち時間に旅客が駅のホームで食するうどんが大田駅の名物として知られるようになった。
  • 大田線の開通以後は、ほとんどの列車が大田~西大田間を経由せずに大田操車場~西大田駅間を通る状態が固定化した。
  • 韓国側では、ソウルの他に大田駅・東大邱駅・慶州駅を起点とし、博多または下関まで航路で出て、日本側の各発売駅までのJR運賃・料金をセットにしたものが販売されている。
  • 歌詞に登場する深夜0時50分大田駅発の列車は、ソウルを出て大田駅で釜山行きと切り離される木浦行きの列車である。
  • しかし、ソウルと木浦とを結ぶ直通列車は大田駅で進行方向を変えるため、機関車の付け替え作業が必要となり、不便であった。
  • なお、大田駅発着の湖南線列車は、短絡線である大田線を経由するため、当操車場は通らない。
  • 現在通っている路線は忠北線のみで、大田駅と堤川駅を結ぶ列車が1日8往復、及びソウル駅と堤川駅を結ぶ列車が1日1往復停車する。
  • この区間を雲芸本線とし、同時に三刀屋と木次を結ぶ里熊線が開業しているほか、1935年9月には、雲芸線と山陰本線を短絡するべく赤名と石見大田駅を結ぶ大田線が開業している。
  • 京釜高速線の停車駅の中でソウル駅、釜山駅、東大邱駅、大田駅に次いで5番目に利用客が多い。
  • 開業以来、大田駅が起点であったが、ソウルから直通するために設けられた大田線の重要性が高まる一方で、本線である大田駅から西大田駅までの区間の需要はほぼ皆無となる状況であったため、KTX開業とともに大田操車場を起点に変更し、大田駅から西大田駅までの区間を大田線とする路線名の入れ替えが行われた。
  • 大田広域市都市鉄道公社1号線では大田駅に接近する際の車内放送で「大田ブルース」が流れる。
  • ここで京釜高速線・釜山駅・馬山駅方面と湖南線・木浦駅・光州駅・麗水エキスポ駅方面の線路が分岐し、京釜線は大田駅、湖南線は西大田駅に停車する。
  • 次へ »

大田駅 の使われ方