大田警部

72 の用例 (0.00 秒)
  • 大田警部が、四人の身元調べを終えたのを待って、今度は乃木が聞いた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • 次の村松警視・大田警部の二人の係長のデスクに行かなければならない。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • 大田警部は、四人目の文江という女性に最後の質問をしているところであった。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • 夜中に岩崎が様子をきくと、十二階の部屋からすぐに大田警部の返事があった。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • 手詰り状態にある二人を制して、二係長の大田警部が初めて質問した。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • 大田警部はこのやりとりを横で感心して眺めていた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • 正直いって、津田英語大を出た大田警部が黙ってこれから行われる気の遠くなるような単純作業に耐えてくれるかどうかがまだよく分らない。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • 岩崎と大田警部と乃木はホテルの前から差し回しのハイヤーに乗った。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • ちゃんと五人前あるのも、大田警部が、なかなか気のきいた女の子であることを示している。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • よく事情が分からないままに大田警部は、病室を出て行く。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • そしてもし六月二日だったら、次の電話は、大田警部をここへよこしてかけさせてくれ。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • すぐに大田警部が本庁へ問い合せて番号を調べ、自宅へかけた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • 何だろうと見ている大田警部に乃木はいった。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • いつもの岩崎の冷酷な口調になれていない大田警部は、正直にむっとした反応を示していった。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • 乗るとすぐ大田警部から声をかけた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • 言い出しっぺの大田警部がびっくりして中を見つめた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • ほんの二分ぐらいで、大田警部が戻ってきた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • 二係長のポストには四月の異動で、初の女性係長として大田警部が就任した。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • ここがもし男のトイレでなければ、うちの乃木も大田警部も持ち物を調べられて容疑者にされるところだった。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • 大田警部は一礼すると、事務室の方へ形のいい足でヒールを鳴らして、足早に歩いていった。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • 次へ »