大田皇女

19 の用例 (0.00 秒)
  • 大海人は妻の一人である大田皇女に言った。 井沢元彦『日本史の叛逆者 私説・壬申の乱』より引用
  • 大海人は妻の大田皇女のところへ行った。 井沢元彦『日本史の叛逆者 私説・壬申の乱』より引用
  • 父母を同じくする姉に大田皇女がいた。
  • 唐・新羅連合軍により滅ぼされた百済の遺臣の援軍要請に応じて出兵した中大兄皇子に妊娠中の大田皇女が随行した。
  • 姉弟の母であった大田皇女は、持統天皇と同じように天智天皇の皇女であり、天武天皇の妃であった。 田中澄江『花の百名山』より引用
  • 天智天皇6年以前に大田皇女が亡くなったので、鸕野讚良皇女が大海人皇子の妻の中でもっとも身分が高い人になった。
  • おそらく、母の鸕野讃良皇后の身分の高さと、既に彼女の姉の大田皇女が死去している事から、大田皇女の息子である大津皇子を押さえ皇太子になったものと思われる。
  • 牽牛子塚古墳に隣接する八角墳であり、『日本書紀』の記述から飛鳥時代の皇族である大田皇女の墓である可能性が高いと言われている。
  • 宮内庁は越塚御門古墳の発見後も、車木ケンノウ古墳付近にある墳土を大田皇女の陵墓とする指定を変更する姿勢を見せていない。
  • 母の大田皇女は、天智天皇の皇女で鵜野讃良皇后の姉にあたり、順当にいけば皇后になりえたが、大津が4歳頃の時に死去し、姉の大来皇女も斎女とされたため、大津には後ろ盾が乏しかった。
  • 中大兄皇子は彼女だけでなく大田皇女、大江皇女、新田部皇女の娘4人を弟の大海人皇子に与えた。
  • 母は天智天皇皇女の大田皇女で、同母弟に大津皇子がいる。
  • 旅の途中、斉明天皇7年1月8日に妻の大田皇女が大伯海で大伯皇女を生み、大津皇子の名も筑紫の娜大津での出生に由来すると言われる。
  • 牽牛子塚古墳が斉明天皇の陵墓であるならば、新発見の古墳は、斉明陵墓の前に孫の大田皇女を葬ったという『日本書紀』の記載より、大田皇女の墓である可能性が高い。
  • 現実に日本においては律令こそ浸透したものの、科挙や宦官、同姓不婚の原則は定着せず、第40代の天武天皇には天智天皇の娘、持統天皇、大田皇女など4女が嫁いでいる。
  • 同母姉に大田皇女・持統天皇がいる。
  • 中大兄皇子の妃となった娘遠智娘は、大田皇女、鸕野讚良皇女、建皇子を、またもう一人の娘姪娘は御名部皇女と阿閇皇女を産んでいる。
  • 天智天皇6年2月27日にようやく斉明天皇の葬儀があり、間人皇女が斉明天皇と合葬になり、大田皇女がその陵の前に葬られた。
  • 天智天皇元年に筑紫の娜大津で鸕野讚良皇女は草壁皇子を産み、翌年に大田皇女が大津皇子を産んだ。