大田泰示

6 の用例 (0.00 秒)
  • 高校時代の野球部の同学年に、広島の田中広輔、1学年後輩には大田泰示がいる。
  • 翌年にも、ジャイアンツは未成年であった中井大介、大田泰示に対し、同様の対応を実施している。
  • 巨人でチームメイトとなった大田泰示とは、高校時代に同じ右の長距離打者として「東の大田」、「西の坂口」と言われたライバルである。
  • 特に2008年の決勝では3番を打っていた大田泰示が敬遠されて迎えた2度のサヨナラのチャンスでいずれもピッチャーゴロに倒れ、さらに3点を勝ち越された13回裏にも2死1、3塁のチャンスで凡退し最後の打者となってしまう。
  • また、同年5月5日の読売ジャイアンツ対阪神タイガース戦では小笠原道大の通算2000本安打、2012年9月23日の読売ジャイアンツ対東京ヤクルトスワローズ戦では大田泰示のプロ入り初本塁打をそれぞれを実況した。
  • 現役選手では、ロッテのサブロー、DeNAの金城龍彦、梶谷隆幸、日本ハムの赤田将吾、楽天の鉄平、森山周、日本ハムの陽岱鋼、ソフトバンクの吉村裕基、福田秀平、中日の堂上剛裕、巨人の大田泰示などの例がある。