大田氏

77 の用例 (0.00 秒)
  • コーヒーを一杯飲んでからぼくは壇をおりて大田氏の成果をみにいった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 大田氏はそうつぶやいてから、ふと気がついたようにぼくの顔をみた。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • まわりに大田氏がいないのだからぼくは彼が賛成するものと思っていたのだ。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • どこへいっても大田氏の製品を売っていない文房具店はないくらいである。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • それからしばらくたったある日、ぼくは大田氏の秘書から電話をもらった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • それぞれ忠告はしたものの、大田氏にも夫人にもぼくは期待をかけなかった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 彼はあきらかに自分の声と大田氏との距離を計算しているのだ。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • おそらく大田氏は現物をみないで秘書に金を払わせるだけではないか。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • ぼくは自分の印象に軽い不安の気持を抱きながら、大田氏に訴えたのとおなじ内容のことを彼女に話した。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 大田氏が別室で待っているはずだから帳場で聞いてくれという。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 大田氏はぼくのとまったくおなじ内容の提案をしたのだったが、ぼくのほうが一週間早かったのだ。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • ぼくは大田氏からはなれてホールを一巡したが、画をみてすっかり失望してしまった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 大田氏はぼくをそこに誘うと、活気にみちたホールをさしていうのだった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • ぼくの姿をめざとくみつけて大田氏が部屋の奥からでてきた。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • すると大田氏は話題をかえて、創造主義の美育理論のことをぼくにたずねた。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 大田氏の挨拶あいさつは愛想がよかったが、会食の真意はそれではなかった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 今夜も大田氏は会社から秘書に電話をかけさせ、自分は書斎でひとりでぼくを待っていた。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 児童画の生理など、大田氏にはなにもわかっていないのだ。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 大田氏はしばらくもの思いにふけっていたが、やがてそれをふりきるようにして顔をあげた。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 大田氏は食卓を用意させて、ひとりでぼくを待っていた。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 次へ »