大田村

19 の用例 (0.00 秒)
  • 村名は大田村の大、日東村の東を組み合わせて大東村となった。
  • 起点は豊後高田市、終点は旧安岐町の中心部であり、途中では旧大田村の中心部を通過する。
  • また、大田村は1957年5月3日 に秩父市へ編入されている。
  • 大田村は、大分県西国東郡にあった村である。
  • 村名は南大塚村・大塚新田の大、豊田本村・豊田新田の田を組み合わせて大田村となった。
  • 享和3年11月には大田村からかつての松岡に知行替えをした。
  • 旧字名の太田川というのは篠原村の西南に、後に鍛冶屋村に併合された大田村があってそこに流れていた細い清流であり、刀鍛冶に良好な水であったという。
  • 生家がある朝田村は1954年に田原村と合併して大田村となった後、2005年に新設合併で杵築市の一部となり現在に至る。
  • 杵築市、山香町、大田村との合併話があったが、当時日出町より人口の少なかった杵築市と話が折り合わず、最終的に合併を拒否し単独での自治を継続している。
  • 執行後、東西の2郡に分けられ、西国東郡は2005年10月1日に残された大田村が杵築市と速見郡山香町と合併し杵築市となったため消滅しています。
  • 現在は波多方トンネルの開通により峠を越える必要はないが、それ以前は杵築市から大田村へ、または大田村から杵築市に移動する際は通常この峠を越える必要があった。
  • 横浜到着翌日の慶応2年12月9日から、軍事顧問団は大田村陣屋で、幕府のエリート部隊である伝習隊に対し、砲兵・騎兵・歩兵の三兵の軍事教練を開始した。
  • 平成の大合併より前の市域は「杵築市」の次に大字がつくが、旧山香町は大字の前に「山香町」、旧大田村は「大田」がつく。
  • 豊後高田市と杵築市の市境にあたり、合併前は、豊後高田市、旧西国東郡大田村、旧速見郡山香町の3市町村の境が接していた。
  • 当時の少壮弁護士は、社会問題化していた農村における小作争議で小作人の擁護に当たる傾向があったが、花村も香川県大田村伏石の伏石争議で小作人の弁護に当たった。
  • そのほか、『播磨国風土記』揖保郡大田里条には「呉の勝が韓国より紀伊国名草郡大田村に移り、分かれて摂津国三島賀美郡大田村に移った」という記述がある。
  • この橋の開通により、良くなかった皆野町とその周辺自治体との関係が良好になり、架橋16年後の1951年11月3日に皆野町と大田村によって「皆野橋建設功労者頌徳碑」が建立され、右岸側の橋詰に現存している。
  • 世間は成義を「大田村」、寿二郎を「小田村」と呼んだ。
  • 取り潰しを免れた4社は、多賀郡安良川村の安良川八幡宮、久慈郡馬場村の馬場八幡宮、久慈郡大田村の若宮八幡宮、城下の若宮八幡社だった。