大田市

133 の用例 (0.00 秒)
  • 大田市中心部から三瓶山に行くのに一般的な経路として利用されている。
  • 大田市病院事業の設置等に関する条例により設置された市立の病院である。
  • 明治期に大森村を経て大森町となり、大田市に編入し現在に至っている。
  • なお、市町村合併により、大田市の一部は旧出雲国であった部分を含む。
  • 温泉津タクシーは、島根県大田市に本社がある、タクシー事業者である。
  • 中村ブレイス株式会社は島根県大田市に本社を置く医療機器メーカー。
  • 島根県道288号瓜坂川合線は大田市川合町川合を通る一般県道である。
  • 当初、産出した灰吹銀は現大田市の鞆ヶ浦や沖泊から船で搬出されていた。
  • 旧国立大田病院の譲渡を受けた大田市が1999年に開設した。
  • 彼らが戦死した場所が、現在の島根県大田市温泉津町小浜の七騎坂といわれる。
  • 株式会社セラミカは島根県大田市に拠点を置く石州瓦の製造・販売などを行う会社である。
  • 東西に長い島根県のほぼ中央にある大田おおだ市の山間部に、一六世紀に開かれた巨大な鉱山の跡が眠っている。 村井章介『海から見た戦国日本 ―列島史から世界史へ』より引用
  • 島根県大田市大屋町の地名はオオヤツヒメの名に因むものとされる。
  • 以前は島根県大田市にも店舗を置いていた。
  • 大田中継局は、島根県大田市に置かれている中継局である。
  • 大田市生活バスは島根県大田市温泉津地域で運行するコミュニティバスである。
  • 上位の国家指定文化財に指定されていない無形文化財の中で保存価値が認められるものを対象として大田市が条例により指定する。
  • 上位の国家指定文化財に指定されていない有形文化財の中で保存価値が認められるものを対象として大田市が条例により指定する。
  • それをすぎると終着の浜田まで、大田市と江津の二駅しかない。 半村良『英雄伝説』より引用
  • その一環として、政府機関の一部がソウルから韓国中部の世宗市、大田市に移転している。
  • 次へ »