大田夫人

25 の用例 (0.00 秒)
  • いまの大田夫人が田舎にいたとはちょっと考えられないことだった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 大田夫人からも山口からもぼくは太郎が田舎にいたことがあるなどとは一言も教えられていなかった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • ただ強いばかりが取柄とりえのこの商人をまえにして大田夫人は当然、方向を失ってしまったのだ。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 大田夫人は太郎に家庭教師とピアノ教師をつけていることを話したが、それが彼の自由をどれだけ殺しているかについては疑念を抱いていない様子だった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • ぼくが玄関で注意すると、大田夫人はいんぎんに微笑した。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • どういうものか、山口は庇護をうけているにもかかわらず、ぼくにむかってはたいてい大田夫人のことを悪くいった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • ある日、ぼくはあらかじめ電話で在宅をたしかめておいてから大田夫人を訪ねた。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 大田夫人は息子の薄弱さを訴えながらも、どことなくしつけのよさを誇りにしているようなところがあった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • ぼくのところへ子供をつれてくる貧しい母親たちの十人中八人までがこの質問を発するが、彼女らの聞きかたには大田夫人とすこしかわったにおいがある。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 大田夫人が後妻だということを聞いても、ずっとぼくは太郎が都会育ちだと思いこんでいたのだ。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • きちんと時間どおりにやってきて一時間ほどしんぼうづよく坐っては帰ってゆく彼の小さな後姿をみると、ぼくは大田夫人の調教ぶりに感嘆せずにはおれなかった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 父親の愛撫あいぶの記憶もろくにもたないですてられている太郎をひきとったのは、いまの大田夫人である。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 約束の日、たしかに大田夫人は歩いてくることは歩いてきたが、帰りに門口まで送ってゆくと、ぼくの家から一町ほどさきのつじに一台の新車がとまっていた。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • さらに大田夫人の良妻賢母ぶりにうたれたのはぼくが太郎の過去を発掘したいきさつを打明けたときであった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • ぼくは大田夫人がどれほどの必要に迫られてその質問をしたのか、はなはだあいまいな気がしたので、はぐらかしてしまった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • ピアノ教師や家庭教師をつけて大田夫人が彼に訓練を強制し、また、作法についてもかなりきびしく彼を支配しているらしい事実はわかっても、太郎自身がどんな感情でそれを受けとっているのか、内心のその機制をのぞきこむ資料をぼくはなにひとつとしてあたえられていなかった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • ぼくは電熱器で紅茶をわかすと大田夫人と太郎にすすめ、世間話をしながら太郎の日常のだいたいの背景を聞きこんだ。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • いそいできびすをかえした瞬間、大田夫人をのせた車は甲高かんだかい苦痛のひびきをあげてぼくのよこを疾過した。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • つぎの日曜からかよわせることを約束して大田夫人が太郎をつれて帰っていったあと、ぼくはさっそくスケッチ・ブックをひろげたが、予想どおりのものしか得られなかった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • ぼくは大田夫人に電話して、自動車できたり、女中がつきそったりすることは極力さけるようにたのんだ。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 次へ »

大田夫人 の使われ方