大田原

全て 名詞
321 の用例 (0.02 秒)
  • 大田原温泉にはホテル龍城苑、及びその日帰り入浴施設太陽の湯がある。
  • 大田原市には野崎駅が存在するが、当駅のほうが大田原市中心部により近い。
  • 代わって、弟の大田原庸清が世子となって第9代藩主を継ぐこととなる。
  • 大田原マラソンの成績上位者が近年パリマラソンに派遣されている。
  • 同級生で6年間喰らい続けていたのか、大田原の屁で気絶する事は無い。
  • 大田原氏は下野国の大名・那須氏に属する豪族衆・那須七党の一つであった。
  • ボスだった大田原おおたわらに見放されて、将来しょうらいは全くざされたように見えた。 赤川次郎『世界は破滅を待っている』より引用
  • 基本的に性格は今でも全く変わっていない為、普段は鎖で縛られており大田原が面倒を見ている。
  • 文政13年8月9日、第11代藩主・大田原愛清の次男として生まれる。
  • 以後、大田原氏は小藩ながら、外様大名として明治時代まで存続した。
  • いずれも1961年に大田原城跡と共に大田原市の史跡に指定されている。
  • 大田原警察署は、栃木県警察が管轄する警察署の一つである。
  • 番組HPの中でも紹介されているがその中の先述とは違う車は大田原警部が使っている警察の車両であり探偵事務所所有ではない。
  • ところが、二人の容疑者の名前は、徳田と、大田原で、アキはつかない。 西村京太郎『特急「ひだ3号」殺人事件』より引用
  • ここでは大田原市街地周辺にある温泉を総称して大田原温泉と称する。
  • そのため、高資を廃することを大田原氏は計画するようになった。
  • 徳川軍の先鋒、いまは殿となった一万五千は、大田原で上杉軍の追撃に備えていた。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • 大田原高等学校ではこれを「自分の限界の向こうにある無限に挑戦する」意味の表現であるとしている。
  • 那珂川町で国道293号と交差し、大田原市で国道400号が西に分離する。
  • 大田原町は栃木県の北東部、那須郡に属していた町である。
  • 次へ »