大田南畝

108 の用例 (0.00 秒)
  • この松崎観海の門から大田南畝が出てきたのも故なきことではない。 唐木順三『無用者の系譜』より引用
  • 享和元年、大田南畝と自らの居宅 清夢軒で月見をして交流している。
  • 寛政年間に大田南畝が著した原本に、複数の考証家が加筆して成立した。
  • とはいえ、大田南畝の『調布日記』には、「寒村の風」と残されている。
  • 初期の戯作者の多くは大田南畝などの武士階級であった。
  • この事故について大田南畝が、下記の狂歌や「夢の憂橋」を著している。
  • 大田南畝なんぽらの詩文も気がきいていて、こういう暑い日に読むのにはぴったりです。 林真理子『本朝金瓶梅』より引用
  • 大田南畝は著書『一話一言』内の狂歌で、京の特徴として次のように記している。
  • この「文武丸」は、狂歌師の大田南畝が服用していたこともあるといわれる。
  • 天明期を代表する狂歌師として、他に大田南畝が知られている。
  • 遠山の父は景晋かげくにといって、昌平黌しようへいこう大田南畝おおたなんぽと首席を争った秀才だった。 大宅壮一『炎は流れる4 明治と昭和の谷間』より引用
  • 大田南畝もいくつかの変名で書いているといわれる。
  • また大田南畝による画賛が見られる場合が多数存在する。
  • 大田南畝によれば、500石の大御番旗本から、旗本奴に転じた人物である。
  • 安永四年と言えば蜀山人大田南畝が洒落本の処女作『甲駅新話こうえきしんわ』を出版した年である。 半村良『およね平吉時穴道行』より引用
  • 狂歌は大田南畝に学び、寛政・文化期に栄之風の肉筆浮世絵を多く描いた。
  • そして大田南畝の病の事が書いてある。 森鴎外『伊沢蘭軒』より引用
  • この字の由来について大田南畝は、体の模様が富士山に似ており、めでたい魚として扱われたためと著書に記している。
  • 八月十四日に江戸御茶の水の料理店で、大田南畝が月を看て詩を作り、蘭軒に寄せ示した。 森鴎外『伊沢蘭軒』より引用
  • 私は大田南畝という人を知らなかった。 夏目漱石『硝子戸の中』より引用
  • 次へ »

大田南畝 の使われ方