大田区南馬込

10 の用例 (0.00 秒)
  • 日本各地にあるが、本項では東京都大田区南馬込のものを中心に解説する。
  • 馬込文士村商店街は、東京都大田区南馬込5丁目に位置する商店街である。
  • 西辺も環七通りに接し、これを境に大田区南馬込に接する。
  • 馬込八幡神社は、東京都大田区南馬込にある神社である。
  • 古径の住居として東京都大田区南馬込に建築された小林古径邸は新潟県上越市の高田公園内に移築・復原され、国の登録有形文化財に登録されている。
  • 同年に大崎のマンションから始まり、1992年より港区高輪に移転し、2009年1月に大田区南馬込に本社ビルを構える。
  • その後、大田区南馬込、入新井と移り住み、子供時代は茨城県水戸市で育つ。
  • 三島はローマのヴァチカン美術館で『』像を観たが、のち1959年に大田区南馬込に新築した邸宅の庭にアポロ像を設置した。
  • 撮影場所は、おもに東京都大田区南馬込の三島邸で、その他目黒区の舞踏家土方巽の稽古場「アスベスト館」や、江東区亀戸の廃工場跡、港区青山教会跡地の建築工事現場など。
  • 磨墨を葬った場所と称する所は日本各地にあり、東京都大田区南馬込3-18-21 にも磨墨塚と称す塚がある。

大田区南馬込 の使われ方