大田区

862 の用例 (0.02 秒)
  • 大田文化の森は、東京都大田区中央二丁目にある公園・文化施設である。
  • 大田区南部の中心地で、駅の両側に大型店や商店街が形成されている。
  • 日本短歌協会は、東京都大田区に本部を置く短歌の組織のひとつである。
  • 下水処理は大田区の東京都下水道局森ヶ崎水再生センターで行っている。
  • 大田区とは、棟居にとって地の利のよい所に住んでいてくれたものである。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 犯人の少年が、横浜と大田区の事件については関与を否定しているからだ。 宮部みゆき『名もなき毒』より引用
  • 日本各地にあるが、本項では東京都大田区南馬込のものを中心に解説する。
  • 大田区がこの池を整備することにし、2007年後半から工事が始まった。
  • 残りの土地は2003年11月に大田区が公園予定地として取得した。
  • 警視庁第二方面に属し、東京都大田区の東南部約10万世帯を管轄する。
  • JCHO東京蒲田医療センターは、東京都大田区にある医療機関である。
  • 大田区の東部に位置し、地形的はほぼ平坦、北部に新呑川が流れている。
  • この他、大田区により駅施設と一体化した東西自由通路を建設する構想が発表された。
  • 警視庁第二方面に属し、大田区の東京国際空港一帯を管轄している。
  • 通過に対し、高架化費用の一部を負担した大田区側からは反対の意見が出ていた。
  • 大田区は2011年までに以下の形での整備計画を整備調査報告としてまとめている。
  • 株式会社タイムス出版社は、東京都大田区にある公営競技の新聞社である。
  • 二丁目の南部から大田区石川町一丁目にかけては東京工業大学の敷地になっている。
  • 東京の大田区鵜の木のあたりに今も鎌倉街道の一部がのこっている。 坂口安吾『明日は天気になれ』より引用
  • リーダーのサットンが東京都大田区出身のために、この名前となった。
  • 次へ »