大田

全て 名詞
2,622 の用例 (0.01 秒)
  • コーヒーを一杯飲んでからぼくは壇をおりて大田氏の成果をみにいった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 大田文化の森は、東京都大田区中央二丁目にある公園・文化施設である。
  • 大田市中心部から三瓶山に行くのに一般的な経路として利用されている。
  • 大田区南部の中心地で、駅の両側に大型店や商店街が形成されている。
  • 大田真章という名のシームルグは、感謝されることに慣れていなかった。 中村恵里加『ダブルブリッド・ビハインド Dead or Alive』より引用
  • 道路沿いを流れる大田川の河川公園と一体的に整備されて作られた。
  • いまの大田夫人が田舎にいたとはちょっと考えられないことだった。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 大田氏はそうつぶやいてから、ふと気がついたようにぼくの顔をみた。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 大田たち五人は、その同じころ赤坂にある女子大学へバスで向っていた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇5 涙のポンポコリン』より引用
  • 県会議員もつとめたことのあるという大田中の当主かも知れなかった。 三好京三『琥珀の技 三船十段物語』より引用
  • まわりに大田氏がいないのだからぼくは彼が賛成するものと思っていたのだ。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 大田家に対する山口の解説はだいたいにおいて誤りがないとぼくは思う。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 下水処理は大田区の東京都下水道局森ヶ崎水再生センターで行っている。
  • そうすれば片輪になった大田に鉄道会社から五千ドル出させよう。 豊田穣『松岡洋右――悲劇の外交官――(上)』より引用
  • 大田区とは、棟居にとって地の利のよい所に住んでいてくれたものである。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • 大田警部が、四人の身元調べを終えたのを待って、今度は乃木が聞いた。 胡桃沢耕史『翔んでる警視正 平成篇4 ランバダに酔いしれて』より引用
  • 明治期に大森村を経て大森町となり、大田市に編入し現在に至っている。
  • 町の中心部である大田にバスセンターがあり、大半のバスはここを経由する。
  • 犯人の少年が、横浜と大田区の事件については関与を否定しているからだ。 宮部みゆき『名もなき毒』より引用
  • どこへいっても大田氏の製品を売っていない文房具店はないくらいである。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 次へ »