大照

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 境内には、障害者支援施設である社会福祉法人大照学園が併設されている。 ...
  • 日本民芸協会の一員であった大照圓雄は、志功が尊敬していた人のなかでは、一風変った存在であった。 ...
  • 志功の創作には、支持者に対する答案、という一面も含まれているから、もしそのなかに大照が加わっていなかったとしたら、仏教の解釈において、あれほどまでに自由奔放ではあり得なかったかも知れない。 ...
  • 志功の人とのつきあい方には、建前を主にする面もないではなかったが、大照と山口とのつきあいは、ほぼ掛け値のない本音を主にしたものだった。 ...
  • 志功は、意地の悪い観察者の眼から見れば、まず大抵の人に、阿諛追従しているようにもおもわれるほど低い姿勢で接するのが常であったから、同年の大照のことも「大照様」と呼んでいたが、交際していたなかでは、なにもかも打明けて相談することができて、いちばん気のおけない人物であったのに違いない。 ...
  • 時期的には重なり合ってもいたけれども、大照圓雄にかわって、志功の親友になったのが、山口繁太郎だった。 ...
  • 志功が仏教に関心を持ち始めたことを知った濱田は、「ぼくは、きみを教えたり、導いたりする柄ではないから、柳と河井に、きみを預けよう」といい、さらに自分の妹婿である厩橋の天台宗泉竜寺の住職大照円雄おおてるえんゆう師と、民芸運動の同志で仏教にも造詣の深い水谷良一を紹介してくれた。 ...
  • 即位料献納の際の働き等によって朝廷や室町幕府の評価も高かった恵心は、元亀元年に「正灯普光禅師」の号を、天正3年には「仏智大照国師」の号を贈られている。 ...
  • 実際にはおそらく、声明しようみようの「唄散華ばいさんげ」から考えつかれた題で、志功はその言葉を、厩橋の天台宗泉竜寺の住職である大照圓雄おおてるえんゆうから聞いて知っていたのだろう。 ...
  • また、尾部に艦載している偵察機の発進装置を持つだけでなく、無人飛行機の無線操縦装置や大煙幕発射管、大照空燈、ラジオ、テレビジョンを装備している。 ...
  • 昭和十四年秋の文展に、志功が出品した『斑鳩いかるが譜・上宮太子御代傅版画巻』には、丁度そのころ近衛文麿会長のもとで、聖徳太子奉讃会の主事になっていた大照圓雄に対する答案の意味もあったのだろう。 ...
  • 龍峰寺は、円光大照禅師によって室町時代初期の1341年に現在の海老名市立海老名中学校のあたりに創建され、昭和初期に清水寺の寺地に当たる現在地に移された。 ...
  • 磊落な性格を示すように、身長が五尺七寸をこえ、体重も二十貫をこえていた大柄な大照は、昭和十六年五月十八日、肺炎をこじらせて三十八歳で急逝した。 ...
  • この円興寺の創建には諸説があり、永和元年に大照の開基とも、覚山の開基とも、嘉暦3年に柏庵宗意の開基ともいわれる。 ...
  • 諡号は宗恵大照禅師。 ...