大江

全て 名詞
2,449 の用例 (0.02 秒)
  • 重富老人が見た誰かは志保が大江から借りた合羽を着ていたことになる。 小野不由美『黒祠の島』より引用
  • それでようやく大江は姿を消した客の一方の行方を知ったのだった。 小野不由美『黒祠の島』より引用
  • じゃ、あなたはだれが大江さんを殺したか知っているというのですね。 横溝正史『呪いの塔』より引用
  • さらに大江さんは、背後に強い風の音が聞こえていた、と証言している。 小野不由美『黒祠の島』より引用
  • 大江殿という所は荒廃していて松だけが昔の名残なごりのものらしく立っていた。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 南北朝時代末までは大江氏を称したが、以降は寒河江氏を称したとされる。
  • この文章からも、大江が最近そばを好きになったのでないことはわかります。 森村誠一『棟居刑事の復讐』より引用
  • 読者諸君は、この大江黒潮のことばをよく記憶していなければならない。 横溝正史『呪いの塔』より引用
  • 事故発生時、大江と同乗していた女は桂由里子である可能性もあるのだ。 森村誠一『棟居刑事の復讐』より引用
  • それは大江先生にほんとうの身分を知られてしまったことでした。 横溝正史『呪いの塔』より引用
  • だが刑事らが知っている大江には、出身地の訛りがまったく残っていない。 森村誠一『棟居刑事の復讐』より引用
  • 二人は共に、大江が島の外に出ている間に島に入り、そして出ていったのだ。 小野不由美『黒祠の島』より引用
  • だが大江がそれをぬけぬけと言うと、いかにも本当らしく聞こえてくる。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • ただし、実際には大江ら数名のみしか積極的な活動をしなかったとされている。
  • 名前を呼びかけたとき、たしかに反応しましたし、あの顔は大江でしたよ。 森村誠一『棟居刑事の復讐』より引用
  • 女子店員が彼に教えた店の位置は、大江西六丁目というところだった。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • 茫洋と放散していた大江の視線が凝縮してまっすぐに射かけられてきた。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • 大江姓に改めたのは晩年の建保4年に陸奥守に任官した以後のことである。
  • しかし我々はあなたが大江雅弘氏ではないという強い疑いを抱いております。 森村誠一『棟居刑事の復讐』より引用
  • それできくのだが、この前のは大江氏の宅の果物ナイフだと君は言ったね。 横溝正史『呪いの塔』より引用
  • 次へ »