大橋

全て 名詞
5,697 の用例 (0.02 秒)
  • 場所だけは知っていたが、大橋とは姉の家で会うものと思っていたのだ。 岩井志麻子『黒焦げ美人』より引用
  • 大橋が死ねば、彼の十数億の財産の三分の一は確実に彼女のものになる。 森村誠一『科学的管理法殺人事件』より引用
  • わかったのは、葬儀が行なわれている大橋の家が見えてきてからだった。 岩井志麻子『黒焦げ美人』より引用
  • 自分の技が、もう大橋に勝てるところまで来ていることもわかっていた。 藤沢周平『蝉しぐれ』より引用
  • と手を出しますが、この指の出し方で大橋屋さんから聞いた話があります。 尾上松緑『松緑芸話』より引用
  • 大橋の手を置かれた肩だけが、手を離されてもなお温もりを残していた。 岩井志麻子『黒焦げ美人』より引用
  • 大橋もまた、藤原をただの薄っぺらい殺人者としてしか見ていなかった。 岩井志麻子『黒焦げ美人』より引用
  • 船は船外機のスピードを少しずつ落しながら江ノ島大橋に沿って進んだ。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 1) 定吉七は丁稚の番号』より引用
  • 何回目だったか忘れてしまったが、私の方から、大橋をホテルに誘った。 西村京太郎『私を殺しに来た男』より引用
  • この当時、二条の橋というのは、三条のように一本渡しの大橋ではない。 司馬遼太郎『燃えよ剣 02 (下)』より引用
  • 大橋登美子と別れなくてはならないことは、彼自身、充分に知っていた。 石川達三『青春の蹉跌』より引用
  • と、大橋賢三の自転車が逆に近づいて来て彼らの前でピタリと止まった。 大槻ケンヂ『グミ・チョコレート・パイン パイン編』より引用
  • 大橋の家から、現場まで近いので、小夜は自転車で行動することにした。 森村誠一『科学的管理法殺人事件』より引用
  • その中で文四郎は、相手をさがしているうちに大橋市之進に呼ばれた。 藤沢周平『蝉しぐれ』より引用
  • 自分が大橋を好きだから、姉と相愛の仲だったと思いたくないのではない。 岩井志麻子『黒焦げ美人』より引用
  • 大橋には私たちとおなじ年ごろのふたりの娘と息子がひとりいた。 柳美里『水辺のゆりかご』より引用
  • 聞いた大橋さんよりも、あたしたちの間のほうに思わず驚いた声があがった。 小野不由美『悪霊シリーズ 5 悪霊になりたくない!』より引用
  • 大橋はあの家に行きさえすれば迎えてくれると信じているからだ。 岩井志麻子『黒焦げ美人』より引用
  • 数日前に行った大橋市之進との稽古試合がそれだったかも知れない。 藤沢周平『蝉しぐれ』より引用
  • 大橋という外務員はなんでもないという調子で、おれの注文を復唱する。 石田衣良『波のうえの魔術師』より引用
  • 次へ »