大村

全て 名詞
2,520 の用例 (0.01 秒)
  • 成程僕は誰よりも大村君とは親しいしどんなことでも相談し合って来た。 金史良『天馬』より引用
  • 江戸時代になると忠兼の子・福田兼親やその子孫は大村藩に仕えている。
  • 大村を起用したホーロー看板は映画やテレビ番組で使用される事がある。
  • なぜか大村は、父のことは一言も聞かず、母のことだけを言っています。 三浦綾子『病めるときも』より引用
  • 財政は大村競艇場の収入も以前より減少している関係上、余裕は少ない。
  • 彼は玄竜が大村を雷のように怖れていることを知っているからである。 金史良『天馬』より引用
  • もう大村にまで見捨てられたからにはどこへも行き所のない人間なのだ。 金史良『天馬』より引用
  • 大村なら家からも近いし、大きくなったらそこに入りたいなと思った。 赤瀬川隼『捕手はまだか』より引用
  • 髪を上にまとめてボールペンを差した大村看護婦の姿も見えなかった。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 六時前に大村看護婦がやってきて、食堂に食事の用意ができていると言った。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • そのうち、大村が暗殺された事もあって構想は一旦は挫折する事となった。
  • これを読んだとき、孝允は殺された大村益次郎のことをふと思い出した。 古川薫『桂小五郎(下)』より引用
  • そしてそれは、大村との日々の総てもまた無駄だったことを意味している。 柴田よしき『紫のアリス』より引用
  • 大村の建軍構想はこの会議の結果、ことごとく退けられることとなった。
  • 狙われているのは、その黒板塀の中に宿をとっている大村益次郎だった。 佐々木味津三『流行暗殺節』より引用
  • 振り返って見れば、さっき大村という名刺をくれた医科の学生であった。 森鴎外『青年』より引用
  • そして純一のこう思う心はその大きいひとみとおして大村の心にも通じた。 森鴎外『青年』より引用
  • 折々振り返って見るに、大村はやはり元の街道に動かずに立っている。 森鴎外『青年』より引用
  • 大村看護婦の夫が異常に嫉妬深い性格だという可能性も考えられる。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 瑤子は、片肺を失いながらも必死に働く大村を日々献身的に支え続けた。
  • 次へ »