大杉

全て 名詞
1,741 の用例 (0.02 秒)
  • はじめてこの本を読んだように、大杉の文章がはっきり頭に入ってくる。 瀬戸内晴美(寂聴)『美は乱調にあり』より引用
  • 両方ともいい男でしたけれど、やっぱり大杉の方がずっといい男でした。 瀬戸内晴美(寂聴)『美は乱調にあり』より引用
  • ひとごとながら大杉はほっとしたが、同時に彼は、ふと変な感じがした。 星新一『ちぐはぐな部品』より引用
  • 捜査本部に呼ばれたことで、大杉夫婦はかなりのダメージを受けていた。 森村誠一『自選恐怖小説集 人間溶解』より引用
  • その用意を命じた時、大尉はすでに大杉の殺害を決意していたのだろうか。 角田房子『甘粕大尉 ―増補改訂』より引用
  • 大杉を殺す決意をしたからは、妻も子供も殺さねばならなかったのだ。 角田房子『甘粕大尉 ―増補改訂』より引用
  • さらに進んで大杉家を僕に継がすこともできぬと言う人もあるかも知れぬ。 大杉栄『獄中消息』より引用
  • これも一例だが、軍幹部は常に大杉殺害事件の真相究明に非協力である。 角田房子『甘粕大尉 ―増補改訂』より引用
  • 大杉に対する自分の感情をそんなふうに自分に説明しようとしていた。 瀬戸内晴美(寂聴)『美は乱調にあり』より引用
  • 大杉の思想は如何なものであったかを説明するのは私の任ではない。 河上徹太郎『日本のアウトサイダー』より引用
  • 仕事は何も手につかず、大杉は自覚した恋だけをみつめて日をすごした。 瀬戸内晴美(寂聴)『美は乱調にあり』より引用
  • キャンディ吉田が叫んだあとで、ジョー大杉が両手を胸で組んでいった。 石田衣良『下北サンデーズ』より引用
  • 「投手力だけではないぞ」と言って、岡山のファンは大杉の名を挙げる。 赤瀬川隼『球は転々宇宙間』より引用
  • その途中釣り上げた魚に奇妙な感覚を覚えた大杉は、それを殺してしまう。
  • 大杉と吉野作造博士と外の二人、誰だつたか四人を殺すと言つて来た。 角田房子『甘粕大尉 ―増補改訂』より引用
  • そうして私は、その私の決心を話すつもりで大杉さんに会いました。 伊藤野枝『「別居」について』より引用
  • 大杉と知りあったのも、彼が十年前入院したときのことだそうです。 山村美紗『京都の祭に人が死ぬ』より引用
  • 大杉の頭には、もやもやしたものがひっかかり、気になる感じが残った。 星新一『ちぐはぐな部品』より引用
  • 神近さんも大杉は食べ物や服装について「貴族趣味」だと証言していた。 河上徹太郎『日本のアウトサイダー』より引用
  • 大杉みのるがそう言ったとき、司会者は妙な顔つきで一枚の紙をひろげた。 半村良『となりの宇宙人』より引用
  • 次へ »

大杉 で始まる単語