大日本帝国

全て 名詞
2,725 の用例 (0.01 秒)
  • 大日本帝国海軍でも三年式機砲及び三年式機銃の名称で使用されていた。
  • 伊号第二七潜水艦は大日本帝国海軍の潜水艦で、伊一五型潜水艦である。
  • 日本統治下では隣接する羅南に大日本帝国陸軍の第19師団が置かれた。
  • これにより大日本帝国憲法下で唯一文官が軍の指揮権を持つ職となった。
  • 憲法が制定されたのは1875年で、日本の大日本帝国憲法よりも早い。
  • 第二次世界大戦で東インドは大日本帝国の侵攻を受けて占領された。
  • 一式陸上攻撃機は第二次世界大戦中の大日本帝国海軍の陸上攻撃機である。
  • 世界で初めて開発に成功したのは大日本帝国海軍の九三式魚雷である。
  • 戦前の国家体制は大日本帝国憲法下であり天皇主権体制の時代だった。
  • 台南海軍航空隊とは第二次世界大戦期の大日本帝国海軍の航空部隊の1つ。
  • 超大和型戦艦は大日本帝国海軍が大和型戦艦の次に計画した戦艦である。
  • 大日本帝国海軍では、1942年の改正までは三等兵と呼ばれていた。
  • 太平洋戦争における大日本帝国海軍が最も多く建造した大型潜水艦である。
  • 大日本帝国憲法下では、内閣総理大臣は国会議員でいる必要はなかった。
  • 伊号第一七五潜水艦は、大日本帝国海軍の伊一七四型潜水艦の2番艦である。
  • 大日本帝国憲法下の帝国議会では、会期は勅命によって延長させられた。
  • それは、大日本帝国憲法における天皇の大権というものについてである。 半藤一利『聖断 天皇と鈴木貫太郎』より引用
  • ドイツ発祥の概念で、大日本帝国憲法下の日本でも用いられた理論である。
  • 日本では明治時代初め、大日本帝国陸海軍を創設する際に導入された。
  • 大日本帝国憲法では、内閣の大臣は天皇を輔弼するものと規定された。
  • 次へ »