大文字

全て 名詞
1,323 の用例 (0.01 秒)
  • 京の大文字の送り火を見たいというのが美弥子の前からの希望であった。 松本清張『火と汐』より引用
  • 大文字はこの老女の笑いを幼い頃にディズニー映画で見た記憶があった。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 2) ロッポンギから愛をこめて』より引用
  • ギリシア文字の大文字は論理式の列を表すのに使われることが多い。
  • 玄関まえの塀には抗日宣言が二尺四方くらいの大文字で書かれてあった。 石川達三『武 漢 作 戦』より引用
  • 大文字の残り火も吹き消してくれると言わんばかりに、私は扇を振った。 森見登美彦『有頂天家族』より引用
  • 知らないうちに、ぼくの書く文字は看板の大文字のように大きくなっていく。 メルヴィル/高村勝治訳『白鯨(下)』より引用
  • LWoのLは大文字だが文字の大きさは小文字程度に小さく表記される。
  • タイトルの形式面については、英語の場合は必ず最初の文字は大文字である。
  • 全国ウォーカー誌の中で唯一、都市名の英文表記がすべて大文字である。
  • 現代の論理学では一般にラテン文字の大文字が使われることが多い。
  • 大文字は主婦が大根の値踏みをするような眼で露骨に連絡員を見続けた。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 2) ロッポンギから愛をこめて』より引用
  • 大文字は張りつめていたものが一気に背中のあたりから抜けて行くのを感じた。 東郷隆『(定吉七番シリーズ 2) ロッポンギから愛をこめて』より引用
  • これは三人称複数のと文法的に同じであるが、正書法では大文字で書く。
  • 大文字の は数字の と間違いやすいので一般的には小文字の が使用される。
  • 奈良から京都に回って大文字を見たかったといえば、それで済みますからね。 松本清張『火と汐』より引用
  • そういえば大文字の晩、誕生日はいつかと律子に訊かれたおぼえがあった。 阿部牧郎『危険な秋』より引用
  • 単語の特定の文字で大文字が使われるのは、次のような場合である。
  • 冬の京都へゆかうと思ひ立つて、三条河原町西の大文字屋に宿をとつた。 丸谷才一『食通知つたかぶり』より引用
  • この キーは英大文字もしくは記号などを入力するために使用される。
  • タイプで打たれた大文字が一瞬、下に印刷された灰色の文字の上で踊りまくる。 D・W・ジョーンズ『わたしが幽霊だった時』より引用
  • 次へ »

大文字 で始まる単語