大御所的存在

20 の用例 (0.00 秒)
  • 著名な作家や文学界の大御所的存在の執筆した本に対しても、内容によっては非常に辛辣な批評をするため、作家の中には彼女を毛嫌いするものも存在するとされる。
  • 児童文学界の大御所的存在だった。
  • 文壇の大御所的存在で、後進との交流にも熱心であった。
  • 当該ジャンルの草創期から活動を続ける大御所的存在である。
  • 戦前、戦後を通じ県民謡界の大御所的存在で、『秋田追分』の父とも呼ばれた。。
  • 著名な料理人・大御所的存在の料理人が調理した料理に対しても、内容によっては非常に辛辣な批評をするため、レストラン評論家の友里征耶は彼女の姿勢を批判している。
  • 確実に実力で地位を得た芸能人や人脈を広げ着実な活動を続けるベテラン勢は、人気がなくなっても大御所的存在となり、後進の指導等に回る者もいるが、その前に生活が持たなくなり消えていく者が圧倒的に多い。
  • その一方で、メタル・クラストの大御所的存在のひとつである米ミネアポリスの Misery のように、80年代に結成されてから2010年代に至るまで息の長い活動を継続しているバンドも存在する。
  • 女形の大御所的存在として晩年まで若々しい美しさと、格調の高さ、芸格の大きさで人気を博した。
  • キューバ革命後の1959年に帰国し、フィデル・カストロ政権の元、文化活動のリーダーとして大御所的存在となる。
  • 次第に寄席に比重を移し、総領弟子の6代目月の家圓鏡以下、多数の弟子を抱える大御所的存在として君臨する。
  • スキンヘッドと青のコスチュームがトレードマークで、日本人のNWAオフィシャルレフェリーの代表・大御所的存在でもあった。
  • 根岸信五郎、得能関四郎と並び「東都剣道界の三元老」と呼ばれ、明治後期の剣道家の間で大御所的存在であった。
  • 真貝忠篤、得能関四郎と共に「東都剣道界の三元老」と称され、明治剣道界の大御所的存在であった。
  • 侯景の乱の混乱により、一時期北朝の東魏・北斉に抑留されたが、後に江南に帰り、陳でも文壇の大御所的存在として「一代の文宗」と称えられた。
  • 弓浜組合製糸組合長、西伯郡米子市連合養蚕組合組合長、伯西社組合長、鳥取県養蚕組合長などを勤め、全国屈指の養蚕王国といわれた県下の大御所的存在として、大日本蚕糸会副総裁でもあった。
  • 法律事務所勤務、保守派の大御所的存在ジェシー・ヘルムズ上院議員の補佐官を経て、1981年のレーガン政権の8年間、国際開発庁および司法省に勤務し、1989年から1993年まで、ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ政権で国務次官補を務める。
  • 対して桂は、長州藩出身で当時軍部の大御所的存在であった山県有朋に近かったが、「ニコポン首相」と呼ばれ、人心掌握に長けていた。
  • 関西学院大学名誉教授・関西学院大学商学部長、等松青木監査法人代表社員、大蔵省公認会計士3次試験委員、日本会計学会常務理事、税理士試験委員、日本会計学界の大御所的存在であった。
  • 真貝忠篤は、美濃大垣藩士として戊辰戦争を生き残り、維新後は警視庁撃剣世話掛、宮内省皇宮警察師範を勤め、根岸信五郎、得能関四郎とともに「東都剣術三元老」と呼ばれ明治後期の剣術家の間で大御所的存在であった。

大御所的存在 の使われ方