大御所時代

13 の用例 (0.00 秒)
  • 大御所時代の代表的な出来事にお蔭参り、大塩平八郎の乱などがあった。
  • 天保の改革の影響は大きく、厳しい統制の時代になったため、昔を懐かしんだ人々が大御所時代と呼び始めたともいわれる。
  • 家斉は隠居して大御所となってからも政治の実権を握っていたため、後の人が「大御所時代」と呼ぶようになった。
  • なお、家斉の治世は50年以上にも及んだため、「大御所時代」と呼ばれることが多い。
  • 忠成の執政時期は、爛熟した化政文化の全盛期であり、将軍職を退いた家斉が放漫な浪費を続けた、大御所時代とも呼ばれる大量消費時代でもあった。
  • 鷹匠組頭に伊部勘右衛門という人が大御所時代までいた。
  • 無論、有能な人材も重視し、安祥・岡崎譜代だけでなく今川氏・武田氏・北条氏の旧臣を多く召抱え、大御所時代には武士のみならず僧・商人・学者、更には英国人ウィリアム・アダムスと実力も考慮して登用し、江戸幕府の基礎を作り上げていった。
  • また対外政策では、大御所時代に出された無二念打払令を改め、無用の戦を避けるため薪水給与令が出され、江川や高島秋帆による西洋砲術導入による国防策も図られた。
  • 大御所時代に幕府の風紀は乱れ、賄賂が横行した。
  • このため、幕政は徳川家斉の側近・水野忠成に掌握され、その忠成のもとで収賄が横行し、失脚した田沼意次の子意正も若年寄の要職に就いて復権するなど、家斉の奢侈も加わって大御所時代によって幕府財政は大きく傾くこととなり、幕政は腐敗していくこととなる。
  • 大御所時代が終焉してからは、天保12年7月8日に佐渡奉行、10月17日に京都町奉行、天保14年5月30日に先手鉄砲頭となる。
  • 慶寧の伯父である12代将軍・徳川家慶が政治を行うようになると、老中首座の水野忠邦は天保の改革を開始し、手始めに大御所時代に頽廃した綱紀の粛正に乗り出し、寺社奉行阿部正弘に命じ、感応寺、智泉院の摘発を行い、住職であった日啓は捕縛され、遠島に処されたした。
  • 大御所時代は、家斉が在職中の天明、寛政、享和、文化、文政、天保の各元号のなかで、文化-天保までをさす為、文化文政時代も呼ばれている。