大御所徳川秀忠

8 の用例 (0.00 秒)
  • 元和9年頼宣の供をして上洛し、大御所徳川秀忠、将軍家光に拝謁する。
  • 寛永9年に奉行・物頭を対象とした9か条の条目を先駆とするという説もあるが、大御所徳川秀忠の没後に動揺する旗本・御家人ら徳川将軍直属の家臣の統制を意図した法令として出されたと考えられている。
  • 亀鶴姫の母親は大御所徳川秀忠の娘であり、さらに亀鶴を一度徳川将軍家の養女として引き取り、その後改めて森家に嫁がせるという徳川将軍家と森家の縁組という段取りであり、森家にとって大変大きな意味を持つ婚姻であった。
  • 同7年江戸へ参府し、将軍徳川家光及び大御所徳川秀忠に拝謁し太刀等を献上し白銀等を拝領する。
  • 義直廃嫡1ヶ月後の4月25日、大御所徳川秀忠から、亀田藩主の岩城吉隆を新たな継嗣にする許可を得た。
  • 寛永7年4月18日の将軍徳川家光の江戸桜田の薩摩藩邸への御成の際と、同年4月22日の大御所徳川秀忠の薩摩藩邸御成の際に、それぞれ拝謁している。
  • 寛永8年、光久・弟忠紀と共に将軍徳川家光の前にて元服、また大御所徳川秀忠に拝謁、刀などの拝領と共に従五位下式部大輔に任官される。
  • 寛永7年12月、大御所徳川秀忠の使者として上洛する。