大御所徳川家斉

5 の用例 (0.00 秒)
  • 神田の孔雀茶屋の看板娘のお照は実は大御所徳川家斉の隠し子の照姫である。
  • ところが、この転封が武蔵川越藩主松平斉典が実子を排除して大御所徳川家斉の子斉省を養子に迎えたことと引換に豊かな庄内藩を与えるために行われるものと判明したために庄内藩内は紛糾した。
  • 天保9年からは西丸留守居となり、大御所徳川家斉に仕えた。
  • 天保12年1月に大御所徳川家斉が死去し、5月に老中首座水野忠邦による天保の改革が始まると、利位は忠邦に協力して改革に参与した。
  • 斉典は川越から経済の内容が良い領地に転封することで、この債務を強引に整理することを画策し、大御所徳川家斉周辺に多額の黄白をばら撒いて国替えを働きかけた。