大御所として駿府

5 の用例 (0.00 秒)
  • そして、大御所として駿府にあった最晩年の1616年には本堂の再建を行った。
  • 後に徳川家康が大御所として駿府城に入った時に、彦坂光正を助けて町割を行ったとされる。
  • 家康は将軍職を徳川秀忠に譲り、大御所として駿府に引退した後の1607年にもイエズス会員フランシスコ・パジオを引見し、外国人宣教師の滞在と布教の許可を与えている。
  • 家康は、大御所として駿府に在城当時、「久能城は駿府城の本丸と思う」と、久能山の重要性を説いたといわれる。
  • さらに家康が大御所として駿府在城時の1607年には、天下泰平・五穀豊穣を祈願して、稚児舞楽を奉納した。