大幅な増発

10 の用例 (0.00 秒)
  • JR各社ともこのダイヤ改正では地方都市圏で普通列車の大幅な増発を行った。
  • いずれも1980年代から運転されている路線であるが、大幅な増発こそないものの、高速道路網の延長に合わせて、所要時間の短縮を繰り返している。
  • 当列車は名前のとおりハウステンボスへのアクセスが主な目的であるが、ハウステンボスの入場者数が減少傾向にある現在は、国鉄時代と比較して大幅な増発がなされていない「みどり」の補助列車としての役割が強くなっている。
  • 同祭の来場者のために埼玉新都市交通伊奈線や同校を発着する路線バスでは、この開催日にあわせて臨時ダイヤが組まれ、大幅な増発が行われる。
  • 同時に、相模大野発着の営団千代田線直通準急の大幅な増発を行った。
  • 民営分割化がいよいよ目前に迫った1986年11月の国鉄最後のダイヤ改正で名古屋鉄道管理局は名古屋都市圏の普通列車の輸送改善を目玉として6両編成9本の117系を新製先頭車を加えて4両編成18本にするなど、豊橋 - 大垣間で快速列車と普通列車の大幅な増発を実施しフリークエンシーを向上させた。
  • しかし国鉄分割民営化と前後して、国鉄や民営化により発足したJR北海道は札幌近郊輸送を重視するようになり、列車の大幅な増発や駅の増設、また函館本線の高架化や札沼線の複線高架化を行った。
  • なお、渡船は本数の大幅な増発が不可能なため、混雑時は乗船するまでに長時間の行列が必須であった。
  • これらの大幅な増発によって不足する運転士は近畿日本鉄道から、車両・車掌はJR東海および近鉄からの出向を受け入れることで万博輸送を乗り切った。
  • 電化によって煙による機関士の苦労が解消し、1列車あたりの重量は126 tから230 tに倍増し、スピードアップにより列車の大幅な増発が可能となった。