大川

全て 名詞
5,438 の用例 (0.02 秒)
  • 上外場の世話役に連絡するため、大川は店の奥に連絡先を探しに行った。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • しかし大川が聞かずに死んだとすれば、二人にとって幸福であったろう。 浜尾四郎『黄昏の告白』より引用
  • 山本は今、大川の生命はただ時間の問題であることはよく知っている。 浜尾四郎『黄昏の告白』より引用
  • 東吾の言葉で、それまで激しくもがいていた大川紋之助が静かになった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 07 酸漿(ほおずき)は殺しの口笛』より引用
  • こういいながら傍の水さしをとって大川の口のところにもって行った。 浜尾四郎『黄昏の告白』より引用
  • 大川周明は窓の外をのぞいたが、そこには黒い人影が見えるばかりだった。 荒俣宏『帝都物語4』より引用
  • その老爺は、黙って脇で棚の整理をしていた大川の息子に目をやった。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • 大川周明の考えはここで北一輝と同じような神がかりの段階にはいった。 荒俣宏『帝都物語4』より引用
  • たとえば誰かが大川に、二とか二日とかいった意味のことを伝えたいとする。 荒俣宏『帝都物語4』より引用
  • とはいえ、日が永くなって来ているので大川沿いの道はまだ充分に明るい。 平岩弓枝『御宿かわせみ 29 初春弁才船』より引用
  • 大川弁護士は、五人が逮捕されたことを知った時の鈴木の家での態度を尋ねた。 読売新聞大阪社会部『逆転無罪 少年はなぜ罪に陥れられたか』より引用
  • あとあじの悪い事件を象徴するかのように、今日の大川は雨であった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 07 酸漿(ほおずき)は殺しの口笛』より引用
  • こうした不安の日を送るうちに、彼は大川端で偶然に半七に出逢った。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 大川茂は敏夫より一級上の三十三歳、三十四を目前にしての急逝だった。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • 大川端の方向からとぼとぼと歩いて来る日出吉に伊三次はすぐに気づいた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 紫紺のつばめ』より引用
  • 山本の最後に云った言葉がどこまで大川に聞えたか疑問である。 浜尾四郎『黄昏の告白』より引用
  • その神社の裏は、すぐ土手になっていて、その向うには大川が流れていた。 堀辰雄『幼年時代』より引用
  • 海から吹きつける風は爽やかで、大川の河口のあたりは釣舟も出ている。 平岩弓枝『御宿かわせみ 29 初春弁才船』より引用
  • 大川は一気にこう云ってしまうと探るような眼付で山本をながめた。 浜尾四郎『黄昏の告白』より引用
  • 大川作之助には、この朝の入浴が、その日の仕事あけと言ってよかった。 梶山季之『女の警察』より引用
  • 次へ »