大崎

全て 名詞
1,692 の用例 (0.03 秒)
  • 旧・大崎村の南西端に位置し、平成の大合併前には柵原町に接していた。
  • 旧・大崎村の南東端に位置し、平成の大合併前には柵原町に接していた。
  • 四番目の短歌には、どこの国にもある所の大崎といふ地名を出して居る。 折口信夫『国文学の発生(第二稿)』より引用
  • 多くの歴史学者は、この人物が左衛門佐だった大崎義隆だと考えている。
  • 最も信頼していた大崎に妻を盗まれていたことを知って建一は激怒した。 森村誠一『花刑』より引用
  • 大崎洋子が、自分のアパートへ帰って来たのは、もう二時になっていた。 赤川次郎『こちら、団地探偵局 PART2』より引用
  • 地域の南部にあたる大崎半島の大部分は合歓の郷の敷地となっている。
  • 昨夜、ナカガワは大崎のビルに戻り、一時間近く過ごしたのち出てきた。 沢木冬吾『償いの椅子』より引用
  • この後の大崎義隆の行方については、断片的なことしかわかっていない。
  • 設備自体はそのまま存在しているが、現在は大崎駅構内の扱いである。
  • 車は一気に飛び出して、やがて歩いて行く大崎洋子を追い越して行った。 赤川次郎『こちら、団地探偵局 PART2』より引用
  • 多分そのとき大崎を殺害して死体をA市の海岸通りに遺棄したと推定される。 森村誠一『花刑』より引用
  • 国道205号から大崎半島内にある観光施設に接続する県道である。
  • 湯気のむこうから、そのとき内閣嘱託の大崎氏が笑いながら声をかけた。 山田風太郎『自選恐怖小説集 跫音』より引用
  • 主なものとして、大崎駅西口再開発、東京駅八重洲口再開発などがある。
  • しかし、葛西氏との領界上の競り合いが始まり大崎氏の退潮が始まった。
  • 丹取郡が玉造郡の前身だとすると、その中心地は現在の大崎市にあたる。
  • 大崎市病院事業の設置等に関する条例により設置される病院である。
  • 四丁目へは品川駅が、五丁目から六丁目は大崎駅が主に利用されることが多い。
  • 鹿児島県は野方村・大崎町・西志布志村内の飛地の解消も提案していた。
  • 次へ »