大島屋

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • 大島屋の表戸口にあつまり、何やら、ささやき合っているのが見えた。
  • 仙台堀の政吉が、くだんの老人を案内し、ふたたび大島屋へあらわれたのは、その日の夕暮れであった。
  • 江戸京橋五郎兵衛町の湯屋大島屋九十郎の次男として生まれる。 ...
  • ところが、都築くんのほうはといえば、これは、あとになってわかったことなんだけれど、大島屋デパート系列のアイランド・グループの総合企画部に移る話があって、そのことでかなり頭がいっぱいだったみたいなの。 ...
  • その政吉が、三好みよし町の枡酒ますざけ屋〔大島屋〕へあらわれたのは、翌日の午後であった。 ...
  • わしの家はな、深川・三好みよし町の大島屋という枡酒屋ますざけやだ。 ...
  • 大島屋は、間口二けん半の小さな店であった。
  • それにくらべて、ヒロくんは、まがりなりにも天下の大島屋デパート社員なんだし、たいへんだと思うの。 ...
  • 問題に触れるのは、お桂ちゃんの母親で、もう一昨年頃故人なきひとの数に入ったが、照降町てりふりちょう背負商しょいあきないから、やがて宗右衛門町の角地面に問屋となるまで、その大島屋の身代八分は、その人の働きだったと言う。 ...
  • はい、もっとも、簪がお娘ごのおぐしへ戻りましたについては、御老体から、大島屋のお上さんに、その辺のな、もし、従って、小按摩もそれとなくお遠ざけになったに相違ござりません、さ、さ、この上方の御仁ごじんでござりますよ。
  • 大戸を閉ざした大島屋の中では、秋山小兵衛が佐々木三冬と共に、豆腐汁で夕飯をすましたところだ。 ...
  • その材木置場の番小屋に、四谷よつや弥七やしちの子分で〔傘徳〕こと傘屋の徳次郎が、大島屋を見張っているはずであった。 ...
  • 愛知県額田郡岡崎連尺町の呉服商の老舗大島屋に生まれる。 ...
  • 大島屋唯右衛門家に投宿す。 ...
  • 入浴施設としては、「道の駅遠山郷 かぐらの湯」、「いろりの宿 島畑」、天然温泉「神代の湯」を持つ創業250年の老舗旅館「大島屋旅館」がある。 ...