大山

全て 名詞
4,959 の用例 (0.02 秒)
  • もし大山さんが逃げ廻っていると、もっと恐ろしいことになる筈なのさ。 福永武彦『加田伶太郎全集』より引用
  • 小池と中谷と佐藤と大山とほかに女の子が二人いて、全部で七人でした。 読売新聞大阪社会部『逆転無罪 少年はなぜ罪に陥れられたか』より引用
  • 別々にだが、大山中将の五人の子供たちはいままでも見る機会はあった。 山田風太郎『エドの舞踏会 山田風太郎明治小説全集8』より引用
  • しかし大山伊三次のように具体的な直接行動をおこした者はなかった。 森村誠一『科学的管理法殺人事件』より引用
  • この頃から将棋界全体が、大山に魔法をかけられたような有様になった。 河口俊彦『人生の棋譜 この一局』より引用
  • 銀木は、大山街道あたりの地理を頭に思いうかべているようすであった。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 大山は絶望的な気持ちになって、数日後、三万円だけ持って家を出た。 読売新聞大阪社会部『逆転無罪 少年はなぜ罪に陥れられたか』より引用
  • 上手くやったと思いながらも、大山は、どこか不安でいると思うのです。 西村京太郎『急行もがみ殺人事件』より引用
  • 勝負は勝たなくともよい、負けなければよいのだ、が大山の哲学である。 河口俊彦『人生の棋譜 この一局』より引用
  • ついでに大山は、両方にいい顔をする芹沢の顔も観察していたことだろう。 河口俊彦『人生の棋譜 この一局』より引用
  • 国立公園になっている大山だいせんをはさんで、雨の因州、風の伯州といわれる。 戸板康二『新々ちょっといい話』より引用
  • 休みの日なのに怪我までして助けてくれた消防士の大山さんのために。 日明恩『埋み火』より引用
  • この十三年間の大山の強さは、たとえようもないほどのものである。 河口俊彦『人生の棋譜 この一局』より引用
  • 大山が、いつ、防風林の中に入って行くか、わからなかったからである。 西村京太郎『急行もがみ殺人事件』より引用
  • 師弟でもなく特に親しくもないが、大山は依田の星を知っていただろう。 河口俊彦『人生の棋譜 この一局』より引用
  • 読みにない手を指され動揺したのか、4六金直と、大山に大ポカが出た。 河口俊彦『人生の棋譜 この一局』より引用
  • それももっと長引くところを大山の尽力で釈放されたということである。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • すでに入籍して法律的には自分はまぎれもなく大山の妻となっている。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • そこでトーナメントに優勝し、最初の九段になったのが大山であった。 坂口安吾『九段』より引用
  • 大山という人は、裸の姿を人に見せなかったし、本音ももらさなかった。 河口俊彦『人生の棋譜 この一局』より引用
  • 次へ »