大尉

全て 名詞
11,424 の用例 (0.01 秒)
  • が、機関大尉が、いつまでも追って来る彼等を待っているはずはなかった。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • 扉の外に直立不動の姿勢で立っていたのは第三分隊長長谷部大尉だった。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • 俺が川上機関大尉の行動を知っていていわないように思われている。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • 大尉はこういうと、僕の方がびっくりするほど快活に笑いはじめたのです。 小島信夫『アメリカン・スクール』より引用
  • 親友が逃げたと聞いた時には、大尉はもう熱病にとりつかれていました。 バーネット・フランシス・ホジソン・エリザ『小公女』より引用
  • 大尉がいるため、彼はビュルストナー嬢のことを真剣に心配したのだった。 原田義人『審判』より引用
  • 大尉の手によって火の中から拾い出されたもう一冊の本も探し出そう! ルブラン・モーリス『奇巌城』より引用
  • 新年の将校集会で第三中隊長の五反田大尉が連隊長北武樹大佐に訴えた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • それは、クルウ大尉からセエラへ来た手紙の中に書いてあったのでした。 バーネット・フランシス・ホジソン・エリザ『小公女』より引用
  • それにしても、死んだ筈の機関大尉が、どうして生きていたのだろう。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • して見ると、狐が大尉に化けたのではなく、弟が大尉に化けたのらしい。 岡本綺堂『火薬庫』より引用
  • 全く二等大尉の住まいはなんのことはない、純然たる物置小屋であった。 中山省三郎『カラマゾフの兄弟』より引用
  • 機関大尉の明鏡のような頭には、事の成行ははじめからわかっていたのだ。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • 中村大尉は自分の父親ほど年の違う上官に、いうべきことではないと思った。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 彼はガスコアン大尉の憤慨を、議論に負けた口惜しさのためだと思った。 菊池寛『ゼラール中尉』より引用
  • そこへ監督にやってきた機関大尉フランクが、うしろから呼びかけた。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • 僕は猪間大尉と相談して次のような内容の英語をプリントしました。 小島信夫『アメリカン・スクール』より引用
  • 聯隊長その他も駈付かけつけて見ると、M大尉は軍服を着たままで倒れていた。 岡本綺堂『二階から』より引用
  • というのは、さっき大尉は、艦長へこんな風に電話をしたのであった。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • 近衛歩兵の第二連隊は五人の中佐と四人の大尉と三人の旗手とを失っていた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 次へ »