大尉は井瀬

11 の用例 (0.00 秒)
  • そのなかの大きな壕を見つけて、中村大尉は井瀬大佐といっしょにはいった。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • それを兵にわけ与えているのを見て、中村大尉は井瀬大佐の胸中にあるものを感じた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉は井瀬大佐が戦死の覚悟をしているのを感じて、悲壮な思いにかられた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉は井瀬大佐が最期の決意をしているように感じた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉は井瀬大佐とかさなり合って壕の底に身を伏せた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉は井瀬連隊長がこだわっているのを不快に思った。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • そのなかで、中村大尉は井瀬大佐の声に気がついた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • その夜、中村大尉は井瀬大佐と半壊の家のなかにいた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉は井瀬大佐を気の毒に思った。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉は井瀬大佐をなだめた。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 中村大尉は井瀬大佐の真意を疑った。 高木俊朗『全 滅』より引用

大尉は井瀬 の使われ方