大尉の指揮

83 の用例 (0.00 秒)
  • 大尉の指揮官に特攻を命令できるのは司令クラスである。 御田重宝『特攻』より引用
  • その後彼らは、ブラウン大尉の指揮下にあった砦を攻撃した。
  • 特殊信号部隊はW・A・グラスフォード大尉の指揮下にあった。
  • この時点でもはや神田大尉の指揮権は無かった。
  • そこで君は、ミローノフ大尉の指揮下にはいるんじゃ。 プーシキン/中村白葉訳『大尉の娘』より引用
  • そこで君はミローノフ大尉の指揮下にはいる。 プーシキン/高橋包子訳『スペードの女王・大尉の娘』より引用
  • だいいち、町の門はすべてその陳大尉の指揮のもとにかためられているのだから、お手あげだ。 山田風太郎『妖異金瓶梅』より引用
  • チェイス大尉の指揮するFO2という偵察グループの一下士官が発見者であった。 田中芳樹『銀河英雄伝説 05 風雲篇』より引用
  • 本道上を、原田大尉の指揮する機関銃中隊が進んでいる。 伊藤桂一『遥かなインパール』より引用
  • 先頭の尖兵中隊は、中村大尉の指揮する第二中隊であり、最先頭は第二小隊長布重中尉の戦車である。 高木俊朗『全 滅』より引用
  • 叛乱軍の一つに横浜警備第三旅団司令部付の佐々木武雄大尉の指揮する「国民神風隊」があった。 半藤一利『聖断 天皇と鈴木貫太郎』より引用
  • 父の承認を得た若いロスは135名の戦士を率いてアール・ヴァン・ドーン大尉の指揮するアメリカ騎兵隊と落ち合った。
  • E-1 は大西洋艦隊潜水小艦隊に所属しニミッツ大尉の指揮の下、上記の機材の試験およびその他の重要な開発を担当した。
  • 艦戦隊菅波大尉の指揮下にある降旗が、艦攻隊の大山から命令を受ける筋合はなかった。 森村誠一『ミッドウェイ』より引用
  • カーリントンは銃声を聞いて即座にテン・アイク大尉の指揮で40名の歩兵を支援部隊として派遣した。
  • バール大尉の指揮下で部隊はアルジェのメゾン・ブランシュ第149空軍基地に配置されるはずであったが、実際にはセティフに配置された。
  • 最初の師団はアレン大佐とルイス大佐の指揮する2個歩兵連隊と、ガラード大尉の指揮する1個騎兵連隊で構成された。
  • 最後の歩兵砲が使い物にならなくなった後、オリヴィエは生存者数名を集めてヘラーSS大尉の指揮所まで後退した。
  • 第10連隊の擲弾兵中隊はマンディ・ポール大尉の指揮でサウス・ブリッジを確保した。
  • 彼が少尉に任官したとき、中隊長リューネブルク大尉の指揮下にあったし、彼が大尉に昇進したとき、リューネブルクは大佐となって連隊の最高位をめていた。 田中芳樹『銀河英雄伝説外伝 03 千億の星、千億の光』より引用
  • 次へ »

大尉の指揮 の使われ方