大尉の娘

66 の用例 (0.00 秒)
  • プーシキンの散文『』や小説『大尉の娘』はこの反乱を背景としている。
  • それから同じ頃に「大尉の娘」もオール・トーキーなんていって作られました。 淀川長治『私の映画教室』より引用
  • プガチョーフは、彼女がミローノフ大尉の娘だとは知っていない。 プーシキン/高橋包子訳『スペードの女王・大尉の娘』より引用
  • これはプーシキンの『大尉の娘』に基づいたオペラとして計画された作品である。
  • プガチョーフは、彼女がミローノフ大尉の娘だとは知らなかった。 プーシキン/中村白葉訳『大尉の娘』より引用
  • あれは亡くなったミローノフ大尉の娘さんだよ。 プーシキン/高橋包子訳『スペードの女王・大尉の娘』より引用
  • 瀬戸版『大尉の娘』が刊行される1年前であり、徳田版のタイトルを採用している。
  • アレクサンドル・プーシキンの19世紀の小説『大尉の娘』を原作としている。
  • 文学「大尉の娘」の舞台のひとつにもなった。
  • が一方、最初の企図であった『大尉の娘』の執筆は、なかなかはかどらなかった。 プーシキン/高橋包子訳『スペードの女王・大尉の娘』より引用
  • アレクサンドル・プーシュキンの19世紀の小説『大尉の娘』を原作としている。
  • 大尉の娘とは別れてしまえよ。 プーシキン/高橋包子訳『スペードの女王・大尉の娘』より引用
  • アレクサンドル・プーシキンは「大尉の娘」の執筆調査で1833年にこの町を訪れた。
  • 母にいたっては、この愛くるしい大尉の娘を息子のペトルーシャの妻に迎えてやりたい一心だったのである。 プーシキン/高橋包子訳『スペードの女王・大尉の娘』より引用
  • 六番目の娘はエベという名前で、十二歳、オルレアンの町に住んでいる素性すじようの正しい騎兵大尉の娘であった。 サド/澁澤龍彦訳『ソドム百二十日』より引用
  • ところで、マーシャはどうしたね、あの大尉の娘は? プーシキン/中村白葉訳『大尉の娘』より引用
  • マーシャル大尉の娘テレサに父の死をつたえ、悲しみを小さな胸で堪える姿に心を痛めた。
  • この反乱を題材にしたプーシキンの「大尉の娘」では主人公・ニコライの実家がある町という設定になっている。
  • プーシキンが帝政ロシアの時代、1836年に発表した小説『大尉の娘』を原作に第二次世界大戦終了の2年後のイタリアで製作された。
  • 彼の代表作『大尉の娘』はエカチェリーナ2世時代の反乱の指導者プガチョフを好意的に描いている。
  • 次へ »

大尉の娘 の使われ方